関東 あじさい名所 見頃 立川・八王子デート 東京都 立川市 国営昭和記念公園 交際前 コクエイショウワキネンコウエン 東京都 あじさい デート 穴場 東京 あじさいまつり 名所 立川市  あじさい デート 告白  国営昭和記念公園 あじさい アクセス 料金 お問合せ 立川まつり 国営昭和記念公園 花火大会 2016

桃子のつぶやき

【国営昭和記念公園】2016年あじさいの開花情報、見ごろ、開催情報、アクセス、料金、お問合せは!!~東京都 立川市

読了までの目安時間:約 4分

 

 紫陽花の咲く昭和記念公園
東京都立川市と昭島市に位置する国営昭和記念公園は、六月半ばから七月初めにかけて、紫陽花に彩られる。紫陽花は園内随所で見ることができるが、「ふれあい広場」北側や「花木園」、「みんなの原っぱ」西側の舗道などが特に見応えがあるように思える。「日本庭園」には意外にも紫陽花は少ない。またこの時期、紫陽花の他にも「花木園」や「ハーブ園」を中心にさまざまな花を見ることができる。広い園内だが花々を探しての散策が楽しい。
公園南東側の「ふれあい広場」では、その北側の外縁部から残堀川河岸にかけて多くの紫陽花が植栽されている。特に「ふれあい広場」北側では半球状にこんもりと剪定された紫陽花が舗道脇に並ぶ様が楽しく、その外縁部では鬱蒼と野趣溢れる様子で紫陽花が咲く。「立川口」から入園したなら、まずここの紫陽花から楽しんでおこう。

 

【四季折々の花に囲まれ、さまざまなイベントが開催される広大な国営公園】

 

 
◆「花木園」の、特に菖蒲田周辺の紫陽花は昭和記念公園の紫陽花で最も見応えのあるものだろう。昭和記念公園は広く開放感溢れる公園だが、この一角は木々に囲まれてしっとりと落ち着いた佇まいで、こうしたところで見る紫陽花はやはり最も魅力的であるような気がする。池の岸辺に咲く様子も美しく、四阿を背景に見る紫陽花の景観などは日本情緒を漂わせて良い風情だ。散策路に沿って歩けばさまざまな表情を見せてくれて飽きない。池横には白いアナベルが植栽された斜面があり、これもなかなか見事だ。特に斜面の上から見下ろすとアナベルに埋め尽くされたような、美しい景観が楽しめる。

国営昭和記念公園の基本情報

スポット名      国営昭和記念公園
住所              〒190-0014   東京都 立川市 緑町3173

TEL              042-528-1751

定休日          年末年始(12/31・1/1)及び2月の第4月曜日とその翌日

営業時間       9:30~17:00(11/1~2/末日までは~16:30まで)※時期によって変動あり

料金            大人(15歳以上)410円、小人(小・中学生)80円、シルバー(65歳以上)210円

最寄駅          立川 /立川北 /西立川
アクセス    

■あけぼの口  JR中央線・立川駅より約10分
多摩都市モノレール・立川北駅より約8分
■立川口
JR中央線・立川駅より約15分
多摩都市モノレール・立川北駅より約13分
■西立川口
JR青梅線・西立川駅より約2分
■昭島口
JR青梅線・東中神駅より約10分
■玉川上水口
西武拝島線・武蔵砂川駅より約25分
(残堀川緑道経由)
■砂川口
西武拝島線・武蔵砂川駅より約20分

 

立川まつり国営昭和記念公園花火大会 [花火大会2016]

2016/7/30(土) ~

多くの人々に愛されている日本の風物詩。豪快な音と美しい光が織りなす大迫力の花火が楽しめます。

 

タグ :                                     

あじさい名所

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ