川柳 励まして 私を善の 方向に 導いた人に 感謝と恩 

桃子のつぶやき

【川柳】 励まして 私を善の 方向に 導いた人に 感謝と恩 その1

読了までの目安時間:約 2分

題が「川柳」になっていましたが「短歌」でした。投稿して30分経ちましたが、訂正です。↑↑の題→短歌でした。

 

私が平成25年の暮れから平成26年に書いた川柳がありました。何処に保存していたのか、忘れていました。

自己流ですが、恥ずかしいですが是非最後まで、目を通してくださいね。

励まして 私を善の 方向に 導いた人に 感謝と恩

私が、身体が悪くなった時に、私を励まして善の方向に導いてくれた人への感謝です。現在も助けてくれます。

 

革命が どこまで出来るか 挑戦だ 私がどのように 変わるかトライ

多分、なにかをしなくてはいけないと思ったときに出てきた川柳です。そして偏見で見る人に、負けず嫌いの私は、何かに挑戦して頑張りたかったのだと思います。

 

パソコンに 毎日坐ると 腰痛に 悪いと分かってる 身体が欲する

パソコンに毎日長い時間座ると、腰痛が悪くなるのは分かっているけど、人間は悪い事を求めているようだなぁ!という意味だったかなぁ!

 

ありがとう 楽しい日だった 公園で 孫と子遊び 感謝いっぱい

 

姉が帰省 空港に迎え 孫といき 一時間待ち  つかれクタクタ

 

我が息子 苦労辛い事 母が引き うける夢に 向かって飛べ

 

孫たちと 楽しさいっぱい ココアこぼし 怒ってもむしろ  喜んでいる

 

ケンカする けど仲が良い みたい姉は 私を一番 頼ってる様だ

 

 

何という 痛みか言いようの ない痛み でも治さなきゃ 実証示す

 

 

タグ :        

つぶやき・ひとり言

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ