ひとり言 感動した話 日々の出来事

桃子のつぶやき

ひとり言 感動した話 日々の出来事

読了までの目安時間:約 4分

良い天気が、続く。五月晴れとはよく言ったものだ。週末は孫達が泊まりに来るので、癒される。母も帰って来てたので、美味しい物を食べて、話に花が咲いた!

また、近所の人も週一くらいに誰かれと見えるので、退屈はしない。私自身がパソコンしたり、編物したり本を読んだりと、色んな事をするので、退屈は感じたことはない。

 

でも日常生活で私の心は晴れているが、身体は悲鳴をあげてる。痛みが続くので、苦痛だ。パソコンも編物も長時間は出来ない!

今日は、久しぶりに早く寝たが、なかなか寝付けない!普段が遅く寝てるので早く寝ることに、身体が慣れてないようだ。

近所の方が、米を2袋に分けて、一つの袋をÀ、もう一つをBとして、Àのお米には『ありがとう』と感謝を込めて言いつづけたら、米の艶がよくなり美味しかった。Bのお米には『バカやろう』と毎日言ってたらカビが生えた!と言ってた。信じられないが、私も実験したいと思う。その人が言うにはお米さえも感謝すると、艶が出てくる。そして、バカと言ってたらカビが生えた、だから人間でもありがとうm(_ _)mと感謝する事が大事なんですね。って事を言いたかったのだろう!また、人を馬鹿にしたり、蔑んだらいけないと言いたかっのだろうなぁ!と思い、米が本当に、人間の言葉で変わるのか実験してみたいと、興味が湧いてきた話でした!

 

話は違いますが、私が仕事してた会社は、小さい会社が多かったので、なかなか休みがとれませんでした。今では考えられない事でしょうが、子供が悪くても従業員が少なくて休む事も出来ない時もありました!病院の看護師は事情も知らなくて、「仕事と子どもとどっちが大事ですか?」と言われた時は、私の会社の事情も知らなくて、どうしてそんな事を言うのか?と涙がでました!それは子供が大事に決まっています!

父が死んだ時に1週間休んだら、社長が「何があったか知らないけど、あまり会社を長く休まないで下さい。パートではないのだから。」とも言われました。もちろん社長は父が死んだ事は知っていましたが。社会は無常だなぁ!と感じました!!個人会社、有限会社は社員が少ないので、社員が休む事を、極端に嫌がる傾向があります!だから決まった休み以外はなかなか休まなかったです。もう10年くらい前に仕事してた時の事ですが。

 

会社は、大変な仕事をして給料をもらうのだから、甘い気持ちではいけない!働く事に真面目な人は見てて分かるし、甘い気持ちの人も、見ていると良く解る。誰も何も言わなくても、ちゃんと皆が見てるし、私は主人がいなかったので、インフルエンザにかかった時位しか休んだ事がないし、皆が嫌がる仕事も残業もしてたので、仕事には厳しい環境で頑張ったから、やはり仕事に対する人の姿勢がよく解る!真面目に一生懸命に仕事をしてる人は、見てて気持ちがいいなあ!

 

タグ :  

つぶやき・ひとり言

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ