丸の内イルミネーション 2017-2018 点灯時間 期間場所 料金 最寄り駅 駐車場 混雑

桃子のつぶやき

丸の内イルミネーション2017-2018の点灯時間、期間場所、料金、最寄り駅、駐車場、混雑は!

読了までの目安時間:約 5分

今年で16年目を迎える丸の内エリアの街を彩る冬の風物詩「丸の内イルミネーション2017」 は、有楽町と大手町をつなぐ約1.2kmにおよぶ丸の内仲通りの、200本を越える街路樹が、上品に輝く丸の内オリジナルカラー「シャンパンゴールド」のLED約93万球で彩られ、クリスマスシーズンに、華やかな丸の内の町並みを気になる人とデートなどは、いかがでしょうか?クリスマスシーズンにピッタリな華やかな街並みです。

 

そして、丸の内エリアではクリスマスツリーの点灯式やクリスマス装飾、関連イベントなどを開催します。

 

丸の内イルミネーションデータ

  • 場所:丸の内仲通り、有楽町電気ビル~丸ビル 及び 新丸ビル~iiyo!!(イーヨ!)/東京駅周辺 ほか
  • 開催期間 2017年11月9日(木)~2018年2月18日(日)
  • イルミ点灯時間 17:30~23:00 (点灯予定)※12月は17:00~24:00まで点灯予定
  • 交通アクセス JR、地下鉄「東京駅」
  • ホームページ marunouchi.com
  • 問い合わせ 丸の内コールセンター 03-5218-5100
  • <受付時間>11:00~21:00 日・祝・連休最終日~20:00
  • 主催 丸の内イルミネーション実行委員会(東京都、千代田区、一般社団法人大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会、NPO法人大丸有エリアマネジメント協会)
  • 電球数 約93万玉 シャンパンゴールド(LED)

 

◆従来の明るさや輝きは変わらずに、使用電力を抑えた、エコイルミネーションが採用されています。また、丸の内仲通りにおいて期間中に使用するすべてのエネルギーは、太陽光や風力などの自然エネルギーで発電されたグリーン電力が使用されます。
・エコイルミネーション:従来品と比べ1球当たりの使用電力を65%削減しています。

 

丸の内イルミネーションの見どころは!

◆ブランドショップが並ぶ約1.2kmにおよぶ丸の内仲通りの、200本を越える街路樹が上品に輝く丸の内オリジナルカラー
「シャンパンゴールド」のLED約93万球で彩られ、クリスマスシーズンの華やかな街並みを演出します。

 

◆16年目を迎える今年より、有楽町エリア(国際ビル、新国際ビル前)では従来のストリングス型のイルミネーション装飾に、加えて新しさの中にも古きよき歴史と文化が息づく街らしく、アール・ヌーボー調のデザインをモチーフにした高さ約6mの光のゲートが新たに登場します。

混雑はどのくらい?

◆丸の内でも、ツリーイルミネーションや東京ミチテラスのように一か所に立って見るようなイルミネーションは混みがちます。

 

丸の内のイルミネーションは、丸ビル・新丸ビルや丸の内仲通りが有名です。丸の内仲通りだと並木道沿いにお店やレストラン、休憩できるカフェがたくさんあるので、人が分散されていて、あまり混雑しないようでする。人気のあるスポットですが他の場所ほど混雑はひどくないです。

 

◆イルミネーションは丸の内仲通りの約1キロ強の道で行われていて規模が大きいので、人がたくさん集まっていても比較的歩きやすいように感じます。

ただし、クリスマスの時期は東京駅でクリスマス限定イルミネーションを行っていることもあり、ひどく混みます。

混むといっても、ぎゅうぎゅうで歩けないほどの混雑ではありません。でも、土日祝やクリスマスの時期はすいているとは言いがたいですね。

 

 

イルミ期間 2017年11月9日(木) - 2018年2月18日(日)

丸の内イルミスポットデータ

 

タグ :     

イルミネーション

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ