顎関節症 予防 改善 ストレッチ 頭スッキリ 骨盤 歪み 噛み合わせ 原因

桃子のつぶやき

頭スッキリ。顎関節症の予防&改善ストレッチ【骨盤の歪みは噛み合わせが原因】

読了までの目安時間:約 6分

こんばんわ。今日の夜は少し冷えますね。私は20年前から顎関節症に、悩んでいましたが、どの歯医者さんに行っても、うまく治療が出来ず、口を大きく開けると音がして、話し方も変になり、ほうれん線の出方まで左右違うのです。20年前、ある歯医者さんで3度歯を削ってから、左歯が低くなってしまいました。それから噛み合わせが、悪くなりました。今日、何年かぶりに歯医者さんに行き、先生がとても誠実な方で、「僕がどうにかして、なおしますよ。」と言われ、今日はレントゲン、歯型、歯槽膿漏の検査などをして頂きました。今日は嬉しい1日になりました。

 

■あなたも顎関節症? こんな人は要注意

  1. 頬骨と耳のあいだぐらいに指を添えたまま、口を開いたり閉じたりしてみてください。なかで筋肉が動いていると思います。その近辺にある、下顎骨(かがくこつ)、下顎窩(かがくか)、関節円板(かんせつえんばん)の3つからなる関節です。
  2. ですから、左右に1つずつあります。その顎関節のまわりに起こる違和が、「顎関節症」です。「顎内障(がくないしょう)」と呼ばれることもあります。
自分が顎関節症かどうか。ちょっと調べてみましょう。

おもに4つの症状があります。

①顎が痛い
②口が開けづらい
③顎が鳴る
④かみ合わせに違和感がある

いかがでしょうか。②については、口を開いて、指をタテに3本入れてみましょう。口が開かず、2本入るのがやっとでしたら、顎関節症の疑いが強くなります。

■日常生活にひそんでいる、顎関節症の原因
  1. 10代から増えはじめ、20代から30代にわたって多く見られる顎関節症。とくに予備軍も含めて、女性の患者さんが多いのも特徴です。
  2. 問題は、顎関節症の原因です。日々の生活や仕事などでどうしてもたまっていくストレス、やわらかいものばかりの食生活、頬づえ、あくび、寝違え、笑ったり歌ったりすることも原因のひとつになります。
  3. 私たちの日常生活とは切っても切れない「生活習慣病」のひとつと言ってもいいかもしれません。歯を食いしばったり、歯ぎしりをしたり、そういうことがくり返されていると、顎関節症の原因になってしまいます。
  4. 定期的に刺激を与えながらも、過度な負荷がかからないように顎関節をストレッチしてあげましょう

 

頭もスッキリ。顎関節症の予防&改善ストレッチ

 

  1. まず口を大きく開けてください。ムリのない程度に、口を開けられるだけ開けます。痛みを感じる場合は、痛むまえでキープしてください。この状態を保ったまま、15秒間のキープです。
  2. つぎに、口を開いたまま、顎をまえに突きだしてください。アントニオ猪木さんのものまねをするイメージですね。そして15秒間のキープです。
  3. 今度は突きだしていた顎を反対に、引っこめます。口は開いたまま、顔も正面を向けたままです。こちらも15秒間、キープしてください。
  4. 最後に、口を閉じて、顎を右にずらしていきます。同じく15秒間のキープ。
  5. もちろん左にもずらしていきます。15秒間のキープ。

♦一連の流れを、3セットおこなってください。ポイントは、「鏡を見ながら」です。しっかりと動きをチェックしながらおこなうと、効果アップになります

骨盤の歪みは噛み合わせが原因?

噛み合わせが悪く顎がずれると、頸椎が歪み、頭部が傾くので、背骨や骨盤を歪めてバランスを取ろうとします。

 

  • 骨盤の歪みが月経困難症や様々な不調の原因になることは、広く知られるようになってきましたが、その歪みの起源が噛み合わせにあることも多いのです。
  • もちろん、逆に、上半身と下半身をつなぐ体の中心となる骨盤の歪みから、顎の不調となり、顎関節症になることも考えられますので、骨盤矯正などで骨盤のケアをすることも顎関節症の予防として、有効であると言えるでしょう。
  • また、顎と骨盤の関係は体の構造的な歪みの連動だけではありません。顎と骨盤は離れていますが、顎関節の位置する頭蓋骨と骨盤の中心の仙骨は硬膜でつながっており、そこを脳脊髄液が循環しています。脳脊髄液は、神経に栄養分を運んだり、老廃物を取り去るなど、重要な働きをしているため、そのスムーズな流れは健康な体を維持するために非常に大切です。
  • ですから、噛み合わせや顎のずれからくる体調不良は構造的な体の歪みによる、筋肉の緊張、神経の圧迫からだけでなく、脳脊髄液の流れを阻害して、中枢神経の活動の低下から起こっていることもあるといえます。
  • 全身の倦怠感や頭重感、また一見、顎関節症とは関係のなさそうな症状や、病院の検査では異常が見つからず、自律神経失調症といった病名がつけられる場合、そのような原因が隠れているかもしれません

 

タグ :        

ストレッチ・マッサージ

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ