ストレッチポール 正しい エクササイズ 方法 ストレッチポール エクササイズ 方法 ワイパー運動  膝ゆるめ運動 呼吸運動 小さなゆらぎ運動 

桃子のつぶやき

【ストレッチポール】の正しいエクササイズ方法~その3

読了までの目安時間:約 2分

ストレッチポールの使用方法の理解を深め、より効果的にエクササイズを行っていただくために、ストレッチポールの正しい使い方を紹介します。

まず、ストレッチポールを使う上でのポイントは、「小さく・ゆったり・脱力して」です。リラックスできる雰囲気をつくって、無理をせず楽しく続けましょう。

 

ストレッチポールの正しいエクササイズ方法

 

ベーシック ワイパー運動4
基本姿勢で横になり、片脚ずつ両足を伸ばしていきます。足幅を欲し幅くらいまで開き、かかとを軸にして両足を内外に小さく揺らします。両足を伸ばすので、腰のそりを注意して足に力が入らないようにして左右に揺らしましょう。

 

ベーシック 膝ゆるめ運動5
ストレッチポールに仰向けで横になり、両足を伸ばします。両足の力を抜いて膝をリズムよく曲げ伸ばししましょう。かかとは床につけて膝の曲げ伸ばしで位置がずれないようにしてご自身のペースで繰り返し曲げ伸ばしを行いましょう。両足を伸ばして行うエクササイズなので、腰のそりを注意して行いましょう。

 

ベーシック 小さなゆらぎ運動6
ストレッチポールに基本姿勢で横になり、背中でポールを動かすように全身で左右に小さく揺れましょう。肩甲骨の間をストレッチポールが転がるようなイメージで動かすと気持ちよく脱力ができます。揺れが大きくなると、手足で踏ん張ってしまうので、踏ん張るほどの大きな揺れにならないように注意しながら行いましょう。

 

ベーシック 呼吸運動7
最後はポール上でリラックスして呼吸をして行きましょう。全身のリラックス感を味わい、ストレッチポールに体重を預けながらご自身のペースで呼吸をしましょう。

 

タグ :       

ストレッチ・マッサージ

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ