ストレッチ  改善する 可能性 坐骨神経痛 梨状筋症候群 仙腸関節障害 原因がよくわからない坐骨神経痛 梨状筋症候群 ストレッチ 

桃子のつぶやき

ストレッチで改善する可能性のある坐骨神経痛は!『梨状筋症候群ストレッチ』~その1

読了までの目安時間:約 3分

私も腰痛の経験があり、その痛みは口に言い表せないです。腰から足先までピリピリ、ジンジンと痛くて痺れ、歩くのもままならない時もありました。

今日は坐骨神経痛は、ストレッチで再発が防げる場合(梨状筋症候群・仙腸関節障害・筋肉の緊張など)もあります。今回はストレッチで改善する可能性のある坐骨神経痛を紹介します。

 

ストレッチで改善する可能性のある坐骨神経痛

 

坐骨神経痛は、日頃の取り組みで改善する可能性のあるものがあります。

・梨状筋症候群 ・仙腸関節障害 ・原因がよくわからない坐骨神経痛 です。

原因がよくわからない坐骨神経痛 については、痛みが治まっているかストレッチが軽くできる状況でしたら、下記のストレッチを行ってください。

さて、ここではそれぞれに活用できるストレッチをご紹介します。また、日頃からの姿勢改善の取り組みも重要ですので併せて行うようにしてください。

※痛みがひどい場合は無理せずにできる範囲で行ってください。また、ストレッチをしようとすると痛みが強くなる場合は即座に中止してください。

 

梨状筋症候群のためのストレッチ

 

梨状筋はお尻の最上部かつ奥深くにある筋肉です。実際に触ってストレッチすることは難しいのですが、この位置の奥深くにストレッチがかかるようにイメージして行います。

梨状筋ストレッチ1

①仰向けで床に横になります。右膝を右手で持ち、左手は右足首を待ちましょう。ヒザを右肩の方へ引き上げていきましょう。

この時左のおしりが床から浮かないこと・肩に力を入れないことがポイントです。20~40秒を目安に左右とも行いましょう。

梨状筋ストレッチ2

②仰向けで横になり、右足のかかとを左ヒザの上へ置きます。

左手で右ももの外側を持ち、左肩の方へ引きます。この時右のおしりが床から離れないように気を付けてください。20~40秒を目安に左右行いましょう。

梨状筋ストレッチ3

右足を組むようにして左足にかけ、左ヒザの裏で手を組みます。背中が浮いたり、カラダに力が入らないように注意しながら軽く手を引きましょう。気持ちよく自然な呼吸で20~40秒を目安に左右行います。

梨状筋ストレッチ4

③左ヒザを外側90度に曲げて倒し、右足を後ろに下げ座ります。両ヒジをカラダの前で床につき上半身を前へ倒します。この時に右足に力が入らないように注意して左のおしりを伸ばしていきましょう。左右20~40秒を目安に行いましょう。

 

タグ :        

ストレッチ・マッサージ

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ