ストレッチ 二の腕 ストレッチ 二の腕 むくみやすく 冷えやすく セルライトつきやすい

桃子のつぶやき

ストレッチ~【二の腕のストレッチ】今日から始めましょう!

読了までの目安時間:約 2分

二の腕ストレッチは、今日から始めよう!

私は、普段から二の腕を意識していませんが、この前お風呂に入る前に、二の腕をみたらビックリしました。意識的に鍛えている女子は少ないと思うので、眠っていた筋肉を刺激するように動かせば、今から始めても十分に引き締めることは可能です。二の腕は、実はとても脂肪が付きやすい部位なのです。その原因は?

 

 

むくみやすく、冷えやすく、セルライトがつきやすい

脇の辺りから背中にかけてリンパが滞りやすい部位。また、脂肪によって冷えやすく、セルライトになりやすい、太ももやお尻周りと同じように気をつけなくてはいけない部位ですよ。

 

体側伸ばしストレッチで痩せ体質
このストレッチでは、タオルを掴んだ腕を強く伸ばすことで二の腕から三角筋、肩甲骨周辺についている僧帽筋を刺激します。さらに体を左右に大きく伸ばす動作で、腹筋(特にくびれをつくる腹斜筋)をほぐしながら、血液循環を促し基礎代謝を上げていきます。特に食事前に動作すると、燃焼される脂肪の量が増え、エネルギーも長く持続するようになるので、食べる量も少なくて済みます。

1. 膝の真上に足の付け根が来るように体幹(胴体部分)を意識し、膝立ちになります。タオルの端を持ち、息を吐きながら腕を頭の上に伸ばします。
2. そのままゆっくり息を吐きながら、体を左側に倒して体側を伸ばします。この時、二の腕が耳の横に位置するように、体を真横に倒します。そのまま3呼吸ほどキープしたら元の位置に戻ります。

3. 反対側も同様に。左右5回づつを目安にゆっくりと動作しましょう。

 

 

タグ :    

ストレッチ・マッサージ ストレッチ・マッサージ 二の腕

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ