ドローイン 深い 呼吸 身につける あさイチ 横隔膜 使った 腹式呼吸

桃子のつぶやき

ドローインで深い呼吸を身につける~あさイチより!!

読了までの目安時間:約 2分

ドローインで深い呼吸を身につける~お腹をへこませる動き!

ドローインを調べると、お腹をへこませる動き自体をドローインと言うようで、
深い呼吸はドローインと腹式呼吸を組み合わせることでできるようです。

そこで、あさイチ紹介していた横隔膜を使った腹式呼吸を紹介します。

 

ドローイン腹式呼吸法
1.口の形をストローを吸う形のように細くすぼめて、10秒かけて少しずつ息を吸う
この時、おへそから3cm下の辺りを膨らませることを意識する
2.10秒かけてお腹をへこませるドローインをしながら息を吐く
3.10秒間、いつも通りの呼吸をする
4.1~3を3分間繰り返す
ポイント

  1. 肩は力を抜いて動かさない。お腹を意識して、ゆっくりと呼吸をする
  2. 息を吸う時に、お腹の筋肉となる腹横筋を使うことになるので、その腹横筋の影響で、横隔膜をうまく動かすことができる仕組みになっています。
  3. 通常は椅子に座って行うようですが、あぐらや正座の体勢でやってみても、問題ないように思いました。

 

実際にやってみて

1番の10秒間吸うのが意外と長く感じて難しかったです。3分位しかかからないので、深い呼吸を身につけるために、持続して実践していきたいと思います。

 

タグ :     

ストレッチ・マッサージ

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ