バランスボール バランスボールのサイズ 椅子代わり 正しい姿勢で座る 使う時 一番大切な事

桃子のつぶやき

バランスボールを椅子代わりに使う時の一番大切な事は!

読了までの目安時間:約 3分

 

バランスボールを椅子代わりに使う時の一番大切なこと

1年以上に渡ってバランスボールを椅子代わりに使った私の感想と共に、注意点などのご紹介。まず最初にバランスボールを椅子代わりに使う際に一番大切なことから記載します。

 

1、何よりも大切なこと、それは「正しい姿勢で座る事」です。「なんだ、当たり前のことを…。」と思われるかもしれません。ですが、椅子に座っていたとしても「正しい姿勢」を維持することは実はとても難しいことです。バランスボールの場合、背もたれもありませんので、ある程度は姿勢が正されやすいはずです。(気を抜いたら転んでしまいますし…、姿勢への意識という意味では正しい姿勢をキープしやすいです)

2、正しい姿勢で座るもう一つのポイントがあります。

それは、バランスボールのサイズです。「正しい姿勢で座るにはバランスボールのサイズが大切」何故でしょう?
バランスボールを椅子代わりに使う際の正しい座り方7a8f32c878b8308c65d1afbc37e680ad_s

どうでしょう??
画像をみると、正しい姿勢で座るためには膝が約90度、腰も立てた状態で座ることがポイントとして記載してあります。

 

この姿勢で座るためには「皆さんの身体に合ったバランスボールのサイズ選び」がまず大切です。

大抵のバランスボールブランドが発売しているサイズ展開は3つが多いです。(ブランドによっては4以上のラインナップもあります。)

◆バランスボールの目安サイズ
身長150cm以下  :45cm
身長150cm~170cm :55cm
身長165cm~185cm :65cm
身長185cm以上  :75cm

◆サイズ別バランスボール
バランスボール~45cm
バランスボール55cm
バランスボール65cm
バランスボール75cm

 

※バランスボールは空気の量が多ければ多いほどバランスは取りづらくなります。

【例】、170cmの人向けのバランスボールのサイズは、55cmか65cmどちらでも対象内ですが、

55cmの商品を最大まで膨らまして使う場合と、65cmの商品の空気量を少なめで使うのとでは、直径が一緒だったとしても使用感は異なる結果となります。身体に合わせたサイズ調節は比較的融通がききます。

 

 

 

タグ :     

ストレッチ・マッサージ

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ