下半身デブ 痩せる 股関節 ストレッチ 寝ながら 股関節 ストレッチ 股関節 固さ むくみ 冷えの解消 顔の歪み 影響

桃子のつぶやき

下半身デブの人が、痩せる股関節ストレッチ!『寝ながら股関節ストレッチ』~その1

読了までの目安時間:約 4分

寝ながら股関節を柔軟にストレッチするなど

下半身デブダイエットに効果があるという股関節ストレッチ。

 

 

ここ2,3年で私も下半身デブになってしまいました。ズーット太る事がなかったので、自分でもビックリしています。今はマッサージをしたりストレッチをしたり…。もしかしたらその努力は無駄だったのですね。
下半身痩せのカギは股関節の柔らかさにあったのです股関節を柔らかくして下半身デブを解消する方法をご紹介します。

 

 

高校卒業から還暦前まで、私は働きづくめでした。一人で子供を育てたので、遊ぶ時間などは、ありませんでした。仕事していない現在は、太ってきたので免疫力・美肌・ダイエット、また、腰から足までの痛みなどに気をつけるようになりました。

 

『下半身デブ』ダイエットのカギは股関節の柔らかさ

 

 

  • 下半身デブダイエットのカギは股関節の柔らかさにあったそうです。
    しかし、股関節の可動域が狭く開きっぱなしだと太ももやふくらはぎに筋肉がつき下半身デブになるのです。バレリーナなどの、あの股関節の柔軟性があれば?と思うこともありますよね。美しい下半身、痩せる下半身のカギは「股関節の柔らかさ」にあったのです!
  • 股関節とは、太ももの骨(大腿骨)と骨盤の接合部を指します。内臓などを支える骨盤と脚をつないでくれる部分が股関節で骨盤と脚をつなぐ重要パーツなのです。股関節のまわりには筋肉がたくさん!股関節のまわりには23もの筋肉がついています。他の体の関節と比べていろんな動きができるのはこの筋肉の数が多いおかげです。
  • たとえば、前に曲げて後ろに伸ばす、外側にも内側にも動かせる、内股や外股のようにねじる…などなど。股関節が柔らかいと可動域が広がり、より多くに筋肉が鍛えられて下半身痩せにつながるというわけです

 

股関節の柔らかさがむくみや冷えの解消、顔の歪みにまでも影響!

 

  • 股関節はリンパが集中しているので老廃物が溜まりやすいところ。股関節が硬いとすぐに詰まりむくみや冷え、セルライトなどになってしまうのです。股関節を柔らかくすると体の老廃物などを流してくれるリンパの流れをストレッチで流してあげると下半身がスッキリしてきます。
  • 股関節から生じた歪みは、骨盤から背骨、首へと広がり、なんと頭蓋骨や顔にまで影響。顔の左右が非対称になる、瞼がむくむ、目が小さくなる、頬骨が落ち込み老け顔になるという状態に。いくらお顔のケアをしても股関節が原因なら改善しないと意味がありません。

次は、股関節ストレッチに挑戦してみましょう!

 

股関節ストレッチ(初級)

寝ながら股関節ストレッチ

 

誰でも出来る簡単ストレッチです。寝ながら転がっている時にお試しください。

①仰向けに寝転び右足を床と平行になるように曲げる。

②右足を円を描くように大きく回す。

(外回り、内回り各3回しずつ)

③左足も同様に行う。

④左右回し終わったら両膝を揃えて膝裏が90度になるように曲げる。

⑤肩が浮かないよう左右に倒す。×10回

(膝が離れないように気をつける)

 

タグ :      

ストレッチ・マッサージ ストレッチ・マッサージ 股関節

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ