仰向け寝状態 行う ストレッチ 腹式呼吸 うつぶせ寝 行う ストレッチ 腹斜筋 ストレッチ

桃子のつぶやき

仰向け寝状態で行うストレッチ!

読了までの目安時間:約 2分

私も、最近は、腰が痛くて病院のリハビリの先生に教えて頂いたストレッチを、家で30分ほどしています。腹式呼吸の、ストレッチは常にしています。あとは色々としています!続ける事だとは、思うので、頑張ってエクササイズをしています!

仰向け寝のストレッチが、多いですが、、今回は、仰向け寝状態で行うストレッチを、ご紹介します!

 

仰向け寝状態で行うストレッチ

腹式呼吸

インナーユニットの働きを良くする基本的なエクササイズです。

 

仰向け寝でヒザを立てます。お腹に手を当て、息を吐きながらお腹を凹ませていきます。10秒以上かけて、細く長く腰を床に押し付けるようにします。馴れてきたら、より長い時間をかけて行うようにしてください。3〜5セット。

 

うつぶせ寝で行うストレッチ

腹斜筋のストレッチ

うつ伏せ寝になり、両手を胸の横まで開き、左足を右足の上にクロスさせます。そのまま左足を右ヒザの外側へむけて、上げ伸ばしてわき腹の筋肉を伸ばします。この時に両肩が床から離れないようにすることがポイントです。左右20~40秒を目安に行いましょう。

 

 

 

タグ :      

ストレッチ・マッサージ

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ