名医のTHE太鼓判 腰痛・肩こり解消 トリガーポイント ゆがみリセット 2018年1月15日

桃子のつぶやき

名医のTHE太鼓判 腰痛・肩こり解消、トリガーポイントでゆがみリセットSP!2018年1月15日

読了までの目安時間:約 5分

名医のTHE太鼓判 腰痛・肩こり解消、トリガーポイントでゆがみリセットSP!2018年1月15日

 

私もひどい腰痛があり、痛みが原因で仕事も休業中です。仕事もできなくなって、腰痛がどうしたら治るのか、改善するのかが興味があります。テレビや新聞などで腰痛の事がのっていたら、きりぬきます。痛みさえ取れたり、普通に生活や仕事ができるのに。今日も病院にきています。通院が週一です。仕事してて健康な時は、何もなくこのまま年取っていくだけだわ。と思っていましたが、

 

加齢と共に色んな病気にみまわれますね。思ってもいなかった病気やガン、脳梗塞、痛みなどに!皆様は、若いうちから健康には気をつけられるといいですね。

特に腰痛は現代人の体の悩みの第1位を占めるそうです!

 

名医のザ太鼓判 腰痛、肩こりを引き起こす3つのゆがみとは!

背後に手を回し右と左と手を合わせてみると、歪みがわかります。右手を上にした時と、左手を上にした時とで、違いがあるならゆがんでいます。

腰痛 体のゆがみリセット

ギックリ腰を引き起こすゆがみの原因は!骨盤のゆがみですね。

 

利き尻って何?

座る時に傾いて座る癖があると、骨盤がゆがみます。足組座り、すべり座り、モデル座りなどで骨盤がゆがんでしまうのです。

自分で効き尻チェック

座って手腕を水平にあげます。腕を左右に広げてあげたまま、左右に体を傾けます。左右の違いを感じる方は利き尻あり。行きやすい方が利き尻です。

ぎっくり腰になった松居直美さんは効き尻あり。利き尻があると、ぎっくり腰になりやすいそうです。

 

きき尻を一瞬に改善するトリガーポイントは!

痛みの引き金となる筋肉の事。腰が痛くなる原因は腰以外の筋肉の張りです。
7割が痛むところと、原因となる筋肉が違うって知ってましたか?

利き尻のある方は、太ももの内側がトリガーポイントですので、押して痛みを感じる場所をほぐしましょう。

 

  • 利き尻のチェック→どちらの足に体重がかかるか測定します。左側だと左側の利き尻が発覚しました。
  • 腰痛解消ポーズ→腰痛が起こりやすいのは朝の寝起きがダントツですが。寝る前に10秒×3、ダンゴムシポーズをしましょう。

 

1、仰向けで寝て、膝を丸め込むように抱えます。それをダンゴムシのように丸くなって10秒します。

2、筋肉が伸び、足の血流が良くなり、快適な寝起きにつながります。

 

3つのトリガーポイントをほぐしましょう!

腰痛の代表的なトリガーポイントは3つだそうです。押して痛いなら、トリガーポイントです。
ボールを使えば自分でほぐすことができます。

1、足の裏(親指の付け根あたり)
ゴルフボールにゆっくり体重をかけて、痛みを感じる箇所を中心に転がす。ゴルフボールを踏んでトリガーポイントを見つけます。
ゴルフボールを足で転がして、歪みを治せるといいですね。

2、ふくらはぎ
仰向けで寝て、テニスボールに体重をかける。

3、お尻の上のくぼみ
仰向けで寝て、体を少し浮かせてテニスボールにゆっくり体重をかける。左右に腰を振ってみましょう。

トリガーポイントって初めて聞く言葉でしたが、人によって場所が違うようですね。本やDVDなど、多数出版されていました。参考にしてください。

 

その他のゆがみ改善法!

  • 首の骨のゆがみ改善法 背骨からS字で慢性肩こり!デジタル時代の落とし穴!長時間座りぱなしはだめ!
    安 めぐみ → 首が逆向きにカーブ!ストレートネックが悪化して逆向きカーブ。
    ストレッチ → 肘を肘をあわせて、腕をあげて上下に繰り返す。ペンギンみたいに腕を限界まで伸ばします。

 

  • 背骨のゆが見改善のポーズは!

イルカ体操!両手を天井に向けて5秒あげます。

 

タグ :      

ストレッチ・マッサージ

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ