ひめトレ 呼吸トレーニング ひめトレ お腹を引締め 肩甲骨 骨盤底筋 トレーニング 尿漏れ 頻尿 便秘 解消 防止

桃子のつぶやき

呼吸トレーニング~ひめトレを用いた骨盤底筋トレーニングの紹介!!

読了までの目安時間:約 3分

ひめトレを用いた骨盤底筋トレーニングの紹介

鍛えることで得られるメリットの一例

骨盤底筋をトレーニングすると「尿漏れ」や「頻尿」「便秘解消」の防止・改善になるだけでなく、カラダへ良い影響をたくさん与えることができます。骨盤底筋トレーニングについて、ご自宅で手軽にできる方法と、ツールを使って効果的に鍛える方法を紹介。誰でも簡単に骨盤底筋を鍛えるひめトレは、尿漏れや頻尿に悩む方は、ぜひ試していただきたいと思います。1回3分座るだけで、骨盤底筋を鍛え「尿漏れ」を改善します。ひめトレは今まで鍛えることが難しかった骨盤底筋にアプローチできる唯一のツール。

1.ひめトレ呼吸トレーニング

骨盤底筋を意識して呼吸をしていきます。

エクササイズ方法:ひめトレの上に座り、触れている部分を引き上げながら、大きく呼吸をします。

息を吸いながら骨盤底筋を引き上げ、その位置をキープした状態で息をしっかり吐ききりましょう。5回ゆっくりと行いましょう。

2.ひめトレバードウイング

骨盤底筋を引き締め、呼吸でお腹を動かしたら、次は肩甲骨を動かしましょう。

エクササイズ方法:ひめトレに座り両手を引き上げます。手のひらを外側に向けて肘を曲げながら肩甲骨を寄せます。この時、骨盤底筋を引き上げてキープしておくことがポイントです。ゆっくりと自分のペースで5回行いましょう。両手を動かしても骨盤底筋から力が抜けないように引き上げましょう。

3.ひめトレシェイプブレス

最後はお腹を引締める効果のある運動、シェイプブレスエクササイズです。下腹を意識して行うことでウエスト周りを刺激します。

エクササイズ方法:ひめトレに座り、肋骨の横に手を当てて息を吸います。この時に骨盤底筋を引き上げましょう。息を吐きながら手をクロスさせて前へ出して5回行いましょう。ポイントは下腹を意識することです。息を吐きながら肋骨が締まっていくのを感じていきましょう。

◆3つのエクササイズで骨盤底筋を意識して引き上げる感覚を得てみてください。使用前の感覚もぜひ覚えておいて使用後と比較してみましょう。

 

 

タグ :          

ストレッチ・マッサージ

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ