肩こり 腰痛 骨ストレッチ やり方 いつやるのが 効果的

桃子のつぶやき

肩こり腰痛に!効く!骨ストレッチとは?やり方といつやるのが効果的?

読了までの目安時間:約 4分

骨ストレッチとは?やり方といつやるのが効果的?肩こり腰痛に!
金スマで紹介された、肩こり・腰痛に効く。新健康法!骨ストレッチとは?
効果が出やすい時間は?いつやるのがいい?場所をとらない・マッサージいらず・お金がかからない!ウエスト引き締めも!30秒で効果が出る新健康法のやり方を詳しく紹介します!

 

 

■新健康法の骨ストレッチとは?

骨を効果的に動かすのが骨ストレッチです。この骨ストレッチで意識して動かすのは 【鎖骨】なんですよ。鎖骨は、肩甲骨・胸骨と繋がっていていわば、でんでん太鼓の軸のような存在。この鎖骨を動かすだけで、肩甲骨と胸骨も一緒に動いて筋肉を伸ばすストレッチよりも効果があるんです。体の芯となる骨を動かすことで 筋肉や関節にも負担をかけないんですよ。

 

■肩こりに効果!骨ストレッチのやり方

手首肩甲骨ストレッチ

①顔の横で右手の親指と小指を付け、反対の手で右手の手首の骨を掴みます

②顔は正面のまま肩甲骨を意識して,体を後方に7回ひねります

このポーズは余計な力が入らないんです。肩周辺の可動域が広がり、広範囲で肩周りの血流がよくなり肩こりが解消されるんです。ストレッチは50代60代の方にも効果があります。筋肉や関節に負担にならないのが嬉しいですね!

 

■腰痛改善!骨ストレッチのやり方

腰痛改善が期待できるほねストレッチのやり方もとても簡単!椅子があればどこでもできますよ。

 

手首スクワット

①先ほどの手首肩甲骨ストレッチの手のポーズが基本です。

②ポーズのまま真上に引っ張られるような、イメージで立ったり座ったりを7回繰り返します。無駄な力がはいらないので、自然と姿勢が正しくなり、骨盤のズレが解消されます。そうすると腰痛も改善されるんですよ!

 

■ウエストを引き締める鎖骨ひねり

実はこの骨ストレッチには他にもウエストを引き締める効果が!そのやり方は

①親指と小指で鎖骨を上下に挟むように、つかみます。

②つかんだまま、体を左右にひねります。たったこれだけなんです!道具も何もいらないので、すぐに試せますよ。インナーマッスルが刺激されてウエストの引き締め効果が得られます。このストレッチは体幹を動かすので、運動効率が上がって痩せるんですよ。しっかりと意識してひねりましょうね。

 

■やる時間はいつが効果的?

■肩甲骨ストレッチや手首スクワットは、特におすすめの時間帯はなく、いつでも、どこでも出来る時間にやるのが良いようです。

 

■くびれを意識した鎖骨ひねりは、 効果的な時間があります!それは、お風呂なんですよ!入浴時にこの体操をすると、より血行が良くなって効果がアップします。肩甲骨ストレッチもお風呂場で出来そうですね。

 

■どれも簡単ですぐに実践できるのが嬉しいですね!年齢問わずに効果が出るので、ストレッチしても楽しみながら出来るかもしれませんね。たった30秒ですが継続することが一番です。

 

タグ :    

ストレッチ・マッサージ

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ