腰 柔軟運動  バランスボール 使って

桃子のつぶやき

腰の柔軟運動 【バランスボールを使って】

読了までの目安時間:約 2分

腰痛防止やポッコリした下っ腹を引き締めるための運動として、大変人気のあるエクササイズです。

 

腰の柔軟運動 【バランスボールを使って】

腰を前後に動かすことによって、腰の柔軟運動になり、普段あまり動かすことのない腰の運動になります。

 

それでは腰の柔軟運動1、スタートです。

バランスボールの使い方

1、基本姿勢からスタートです。

 

◆バランスボールの基本姿勢は、背筋を伸ばして、バランスボールの中心に腰掛けます。猫背になったり、逆に腰を反らし過ぎたりしないように気を付けて下さい。

バランスボールの使い方】

バランスボールに座った時に、膝の角度が90度くらいになり、太ももが床と平行になるようにバランスボールの空気圧を調整して下さい。

初心者の方は、最初は空気を少なめにした方が、バランスが取りやすいでしょう。

 

a33d4dba8869e4d9b2372228bd4e0983_s

 

2.最初はお尻でバランスボールを前に転がします(押し出します)。

3.基本姿勢に戻します。

4.今度は、お尻でバランスボールを後ろに転がします(押し下げます)。

5.基本姿勢に戻します。

6.1~5の運動を繰り返します。

【注意】バランスボールを前後に転がす際には、上体を前後に動かさず、腰だけを動かすようにしましょう。腹筋、背筋の収縮を意識して行うと良いでしょう。

 

★このエクササイズ実践してみて

普段腰を動かすことが少ないので、このエクササイズは腰痛防止に良いのではないでしょうか?また、ポッコリした下っ腹を引き締めるのに効果的だと思います。

上体を動かすと効果が薄れますので、上体は動かさないようにしましょう。

 

 

タグ :   

ストレッチ・マッサージ

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ