体育座り状態 から 行う ストレッチ 腰痛がある人 ストレッチ 両足を抱えて 腰部ストレッチ お尻を伸ばす 大殿筋ストレッチ

桃子のつぶやき

腰痛がある人のストレッチ !! 体育座り状態から行うストレッチの方法は!

読了までの目安時間:約 2分

腰痛がある人のストレッチ    体育座り状態から行うストレッチの方法は!

 

腰痛のある人は、多いですね。日本人は腰痛持ちの人が多いそうです。私もこの間まで腰痛はなかったけど、数年前から、酷い腰痛に悩まされています。ついネットで検索する時は、腰痛のストレッチを検索しています。そして、病院で教えてもらったストレッチとユーチューブのストレッチを、自宅で毎日30分ほどしています。今日は体育座り状態から行うストレッチの方法を、ご紹介します!

体育座り状態から行うストレッチ

両足を抱えての腰部ストレッチ

体育座りの状態でヒザの裏で手を組み、ももを抱え込みます。両手で両ヒジをつかみ、その状態からヒザを伸ばしていきましょう。

背中とかかとを遠ざけるイメージで足を伸ばし背中のストレッチを感じましょう。20~40秒を目安に行いましょう。

お尻を伸ばす大殿筋ストレッチ

顔だけ寄せて、背中が丸まるのはNGです
体育座りの状態から両手をカラダの後ろへ。左ヒザを外側に向け、かかとを右ヒザの上に乗せます。このとき、両ヒザの角度は90度を意識しましょう。

胸を張って背筋を伸ばして上半身を前に倒すイメージでおしりのストレッチをしましょう!

 

タグ :         

ストレッチ・マッサージ

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ