腰痛 悪化させず 痛み 軽減する ストレッチ 足 筋膜 柔らかくして 腰痛 軽減する ストレッチ

桃子のつぶやき

腰痛を悪化させずに痛みを軽減するストレッチ!

読了までの目安時間:約 3分

腰痛を悪化させずに痛みを軽減する2ステップのストレッチ

 

ステップ1:腰をひっぱっている筋肉を柔らかくする

 

早速、腰を動かしていきたいところですが、腰の痛みがある方はすぐには動かすことは痛くて出来ないと思います。そのため、腰を動かしていく前にある場所の筋肉を柔らかくしていきます。

ある場所とは・・・「足」です。筋膜とは、筋肉を包んでいる膜のことです。

例えば、立ち仕事や椅子に長時間座る仕事(デスクワーク)は腰が痛くなる方が多いですが、その理由の一つとして、ずっと立っていたり、座っていたため、足の筋膜が硬くなってしまったからなのです。図を見てわかるように、足と腰の筋膜は繋がっています。

 

足の筋膜が硬くなると、繋がっている腰と足の筋膜が引っ張り合いを始めます。そのため、腰が動かしづらくなったり、こわばっている感じがして負担がかかり痛みが起きるのです。この足の筋膜を柔らかくすることがステップ1です。

 

足の筋膜を柔らかくして腰痛を軽減するストレッチ

 

①椅子に浅く腰掛けて、頭をしっかりと立てます。(※猫背にならないようにする)

②片方、足を伸ばします。(伸ばした足をストレッチしていきます。)

足のストレッチ1

③猫背にならないように前に体を倒していきます。

すると、太ももの裏の筋肉が突っ張ってきます。(※この時に大切なのは少し突っ張ったところで止めることです。)

その突っ張っている筋肉をできるだけ軽く、優しく手の平でおしりからひざの裏に向かってなでていくと、だんだんと筋肉の突っ張りが取れていく感じがします。10回なでてください。少ない回数でも十分効果があります。

④以上のストレッチを両足おこなってください。これで、ステップ1は終了です。

 

太もも裏ストレッチ

以上のストレッチは、太もも裏のストレッチにもなります。

 

タグ :  

ストレッチ・マッサージ ストレッチ・マッサージ 腰痛

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ