腰痛 治すため 簡単 ストレッチ 寝たままでできる 簡単 ストレッチ

桃子のつぶやき

腰痛簡単ストレッチ!!寝たままできるストレッチ!!

読了までの目安時間:約 5分

寝たままできる!腰痛を治すための簡単ストレッチ

● 腰痛の原因はほとんどが腰にありません!! 実は腰痛の原因は骨盤に隠されています!! 「え?」と思われたかもしれませんが、普段あまり意識することのない骨盤にこそ腰痛を治すカギがあるんです。

●生活習慣の中に歪みの原因があるなら、生活習慣の中に骨盤の歪みを改善させる体操をいれる事で歪みを予防し、今腰痛でお困りの方は是非一度

今からお伝えする体操をしてみて下さい。

 

 

私も仕事を辞めてから、腰から足首の痛みが続いて、大変な目にあいました。

一人で子供を育ててきたので、働きづくめでした。遊ぶ時間などはありませんでした。

ほとんど、立ち仕事でしたので、そういう仕事環境もあるのかなぁ?

 

自宅で出来る歪みを改善する体操

 

今日は2つの運動の紹介です。 1、腰や骨盤にひっつく筋肉をリラックスさせる体操 2、骨盤を動かす体操(どすこい体操)
ストレッチで大切な3つのポイント!
1.「呼吸を止めない事!」
ストレッチを頑張ろうとすれば力んでしまったり息を止めがちですがしっかり呼吸を意識
2.「呼吸は吸う事より吐く事を意識して!」

吸うのが5秒だとすれば吐くのはその倍の10秒吐く時は口から糸を出す感じで
3.「ストレッチの力加減は八分目が大切!」

痛くても我慢!長くした方が効果が上がりそう!・・それは間違いです 筋肉は無理に伸ばしすぎれば、痛んだり反動でよけいに固くなります。

5c6e5a2201658adfc003edf9170190ae_s

腰や骨盤に引っ付く筋肉をリラックスさせる為のストレッチ

 

1、それでは!いざ運動をしてみましょう 片方の膝を持って胸に近づけて行きましょう!

どうですか?腰からお尻にかけてゆっくり筋肉がのびてきましたか?伸びを感じたらそこで10秒※伸びを感じなくても無理に引っ張らないでくださいね。

あくまで8分目を意識です

 

2、片方ずつ出来たら今度は両方の膝を抱えて背中から腰をしっかりのばしましょう膝が曲げにくい方は無理をせずに10秒数えましょう!

膝の後、タオルを用意して下さい、タオルを足に引っかけ両手で持って足の太ももの後ろをストレッチしましょう!

 

3、太ももの裏の筋肉は腰の筋肉でよく固くなりやすい腸腰筋と言う筋肉と連動しているので、太ももをのばすと腰の筋肉もリラックスしやすいです。

 

次は実際に骨盤を動かして行きましょう!「どすこい体操!」

1、まず、上向きに寝て下さい、その後、膝を曲げずに足の裏でどすこい!どすこい!と突っ張りをするイメージで動かして下さい。

2、この体操のポイントは膝を曲げずに下半身の動きだけでどすこい!する事です。うまく動かせれば骨盤に置いた両手が上下に動きます。

3、この体操に関しては一日20〜30回を目安にして下さい、普段あまり骨盤をうまい事使えていない方は少ししんどくなる場合や負担がでる場合があるので、回数はあくまで目安なので、まずは出来る範囲内でやって見ましょう!

 

●また、このどすこい体操はお腹の周りが最近肉が・・・とお困りの方にも朗報です!!筋肉が固くなりやすく・脂肪が付きやすい箇所は「動きが少なく・冷えやすい箇所に付きやすい」場所です。

 

●骨盤の捻れが解消される事により、骨盤の体の負担は軽減され、また、効率的に体を使えるようになるので骨盤の中を通る血流循環も改善しやすいので、冷え・むくみにも効果的です。筋肉を動かす事で体の熱があがり脂肪を消費しやすい環境作りが出来ます。一度長年腰痛にお悩みの方は是非一度チャレンジしてみてくださいね。

 

タグ :     

ストレッチ・マッサージ 寝たままで出来る簡単ストレッチ

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ