腸腰筋 ストレッチ 動くの 苦手な人 気持ちのよい ストレッチ

桃子のつぶやき

腸腰筋のストレッチ~動くのが苦手な人でもできる気持ちのよいストレッチ

読了までの目安時間:約 3分

股関節のくぼみは関節なのでシワがあり、シワは動きのストッパーの役割をしています。痩せにくい人、脚痩せを気にしている人は、深いシワができ、股関節を曲げる動きが制限され、いわゆる前屈が苦手な状態に。腰周辺や背中がガチガチで腰が反り、お腹がゆるんで出やすくなってしまいます。そこで今日は、腰・骨盤・股関節の要! 腸腰筋のストレッチをご紹介します。動くのが苦手な人でもできる気持ちのよいストレッチです。

腸腰筋のストレッチは、こんな人におススメ!!股関節のくぼみ、気にしたことはありますか?動くのが苦手な人でもできる気持ちのよいストレッチです。
•ももがモコっとしてボリュームがある人
•デスクワークの人
•運動不足で便秘になりがちな人
•生理痛が気になる人
•腰痛予防したい人

ストレッチのポイントストレッチとは筋肉群を伸展させ、柔軟性と脱力性をつけることができるもの。
•無理をしない。
•リラックスして行う。
•自然呼吸で20~30秒味わいましょう。
•ポーズに慣れたら、カラダの力を抜きましょう。
痛いのを我慢して無理にグイッと伸ばすと、伸張反射といってカラダが危険を感じ、例えば熱いやかんを触ってしまったとき、腕を反射的に引くように、逆に筋肉が収縮してしまいます。ストレッチはゆった~り気持ちよく行いましょう。

腸腰筋のストレッチ
1.片脚を一歩前に出します。

1. 膝をついて、片脚を一歩前に出します。前になったももの上に両手を置きます。

2.腰をねじらないよう、真っ直ぐ前に。

3. 体重を前にかけます。この時点ですでにストレッチされている人は、このまま気持ちよさを味わいましょう。

4.リラックスして行いましょう。

5. 慣れてきたら、両肘を伸ばし顔は斜め上を向くようにして、テンションをかけましょう。

このストレッチは、腸腰筋(大腰筋:腰と大腿骨を繋ぐ筋肉、腸骨筋:骨盤内側と大腿骨を繋ぐ筋肉)だけでなく、横腹(外腹斜筋)、太ももの表側(大腿四頭筋)などもストレッチされます。そのため、どこかに硬さを感じた人は、こちらに合わせて硬い部分のストレッチを生活に取り入れましょう

実践後:腰痛持ちの私ですが、このストレッチをしてから、腰痛が大分緩和しました。

 

タグ :   

ストレッチ・マッサージ

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ