超簡単 寝ながらストレッチ 腰痛改善 むくみ 小尻とウエストくびれ むくみ防止脚上げストレッチ  体の重みで首や肩、背中、胸まわりを伸ばす  効果ストレッチ

桃子のつぶやき

超簡単寝ながらストレッチ!腰痛改善、むくみ、小尻とウエストくびれの効果ストレッチです!!

読了までの目安時間:約 3分

超簡単寝ながらストレッチ!腰痛改善、むくみ、小尻とウエストくびれの効果ストレッチです!!

 

こんにちは、今年の夏は猛暑ですね。私の住んでる九州では、35℃を超える日々が続いています。熱中症にならないように、熱中症対策は自分なりにしています。
暑い上に最近は、腰痛や肩こりや膝が痛くなったりと、次々と痛みが出てきます。加齢でしょうね。また、パソコンをするので、日々の姿勢や色々な事が、重なってあちこちに痛みが出てきます。
痛みがあると散歩や日常の動作がおっくうになりますね。また、立って運動をするのもおっくうになります。だから今日は寝ながら簡単なストレッチ方法を、ご紹介します。簡単なストレッチなので、皆様も是非、してみて下さいね。

超簡単寝ながらストレッチの方法は!

 

  1. 足裏で弧を描くように、ひざを伸ばしたまま頭側へ脚を引き上げて、脚の裏面から股関節まわりまでの凝りをとる。脚のむくみ防止にも使えて、毎日寝る前に続ければ美脚になりますよ。
  2. ひざで大きな円を描きながら、股関節をほぐす。ひざは体を横切るぐらい大きく、ゆっくり回しましょう。このひざぐるぐるストレッチは、腰痛を改善しますよ。
  3. 振り子のように脚を外と内に振り、股関節とヒップ側面にある筋肉を刺激。脚の振りに合わせて、自然に腰にねじりを加えることで、小尻の効果とウエストも引き締める効果がある脚振り子ストレッチです。
  4. 片方の脚でひざを固定しながら、もう一方の脚を内側にひざを倒し、脚の重みで腰の深部を伸ばすストレッチです。腰と骨盤まわりの凝りをとります。左右で違いがあったり、やりにくい側はキープする時間を長めにしましょう。
  5. デスクワークの多い人は、猫背で胸が縮んで呼吸が浅くなるケースが少なくないですね。胸を開いて体の重みで首や肩、背中、胸まわり、背すじを伸ばす動きが大切です。
まとめ
上記のストレッチを、実行してみました。凄く簡単で、身体がスッキリしました。これなら続けられそうです。

 

タグ :      

ストレッチ・マッサージ

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ