足首 ストレッチ 歩く前に 行うと 効果的 美脚&代謝アップ

桃子のつぶやき

足首をストレッチ 歩く前に行うと効果的! 美脚&代謝アップ

読了までの目安時間:約 3分

 

私も足首に水がたまって、その水を抜いた後から痛みがでました。病院にいってリハビリもしていますが、なかなか治りませんね。

痛みをとりたくてたまりませんので、ネットであらゆるサイトを見つけては、自分でもリハビリをしています。今回は足首をストレッチして、美脚&代謝アップを目指すストレッチを見つけました。さっそく実行してみましたよ。大変に効果があり続けていこうと思います。

 

さっそく、リハビリの仕方のご紹介します。

  • 足首が硬いと、歩くときに重心の移動ができず、左右に身体を揺らしてトボトボと歩く形になってしまいます。そうなると、歩く時に足首が伸びないので、ふくらはぎがきちんと使えません。
  • ふくらはぎを使えていないということは、下半身の血液を心臓に送り返すポンプアップ機能が使えないので、下半身に血流が滞おり、老廃物も溜まり・・・つまりはむくみの原因になってしまうのです
  • 足首をストレッチして、ふくらはぎを使って美しく歩き、老廃物をためにくい脚、美脚の基礎を作りましょう。足首と股関節を連動させて歩くことで、後ろの脚も自然と伸びて一歩も大きくなり、歩くだけで代謝アップも期待できますよ。

 

足首のストレッチ

  1. 片脚を踵(かかと)が上を向く状態で後ろに伸ばし、手を壁や机などに置いて自分の体重を支えられるように準備します。
    この時に、後ろに伸ばした足首が左右に曲がらないように注意します。
  2. 立っている脚の膝を徐々に曲げて体重を下にかけていき、後ろに伸ばした足の足首と甲の部分を伸ばします。
    (ゆっくり3回呼吸をする間伸ばしてみてください。痛い方は無理しすぎない範囲でやってみましょう。)
  3. 一度、立っている脚の膝を伸ばして少し休憩してから、
    再度膝を曲げ、後ろの脚の足首と甲を伸ばします。
    無理はせず、ストレッチを数回繰り返して、できる範囲で体重をかけて伸ばしてみましょう。
  4. 片足のストレッチが終わった時点で、足首が伸びているかチェックしてみましょう。両脚を前に伸ばして座り、足首を伸ばしてみてください。左右のつま先の高さが違っていたら(ストレッチした方が下がる)しっかりと伸ばせています。
  5. 更に、歩いてみてください。
    ストレッチした方の足首が動かしやすく歩きやすくなり歩幅も大きくなったのが感じられたら、きちんとストレッチできた証拠ですよ。
    ⑤反対側の足も同様にストレッチします。
    皆様も是非体験してくださいね。

 

タグ :   

ストレッチ・マッサージ

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ