チョコレート 朝食べて 集中力がアップする 美容 ダイエット チョコレートによる脳の健康効果解明へ 効果 バレンタインデー チョコレート

桃子のつぶやき

チョコレートによる脳の健康効果解明へ 朝のチョコレート効果がすごい 集中力UP 記憶力 能率 ダイエット効果も?

読了までの目安時間:約 6分

チョコレートによる脳の健康効果解明へ 朝のチョコレート効果がすごい 集中力UP 記憶力 能率 ダイエット効果も?

 

もうすぐ2月になるとバレンタインデーですね。大好きな彼、友人、家族、自分にチョコレート買ったり作ったりして、自分の気持ちを伝える、伝えたいイベントがバレンタインデーですね。そこで私はみんなが大好きチョコレートの効果を調べてみました。
1、脳が活性化される
2、集中力が高まる
3、なんとダイエットにも効果があると考えられています。

またチョコレートを食べるベストなタイミングは、なんと朝だそうですよ!


また今回は、内閣府ImPACT山川プログラム~株式会社 明治との共同研究:開かれた科科学を通じたチョコレートによる脳の健康効果解明へ~を見て感銘を受けましたので、最初に

 

内閣府ImPACT山川プログラム~明治との共同研究 チョコレートによる脳の健康効果解明へ~の結果

■演題名
内閣府ImPACT山川プログラム
脳情報の可視化と制御による活力溢れる生活の実現」オープンサイエンス中間報告
~株式会社 明治との共同研究:開かれた科学を通じたチョコレートによる脳の健康効果解明へ~2017年1月18日にメディアセミナー実施

チョコレートによる脳の健康効果解明への取り組みについてオープンサイエンス中間報告会(会場:日本橋三井ホール)を実施しました。

 

■結果 明治との実証トライアルにおける結果まとめ※今回の実証トライアルで、以下のことがわかりました。

 

1.高カカオチョコレートの摂取前後で、GM-BHQ(大脳皮質の量)が有意に増加しました

2.大脳皮質の灰白質(Gray Matter)には神経細胞が多く存在し、情報処理の可塑性(学習効果)に関与していることが知られており、大脳皮質の量が増加したことで、学習機能を高める(脳の若返り)可能性が確認出来ました。

3.大脳皮質の量と年齢には負の相関関係があることが分かっており、BHQ指標を用いたことで、高カカオチョコレートの継続摂取による「脳の若返り効果」の可能性が見えてきました。

 

なお、GM-BHQの値は、平均が100になるように設定していて、大脳皮質の量を意味し、この値が増加することで、新しいことが学べる能力が高まる可能性が期待されます。

また、過去の研究から認知症によって大脳皮質の量が減少することなどもいくつか報告されていることから、今後これらの関係も調べることができると考えられます。

 

チョコレートは朝食べて集中力がアップする?

朝食で大切な役割のひとつが、起きたての脳を目覚めさせること。チョコレートに含まれているブドウ糖が脳の血量を上昇させて活動を活発にしてくれます。

 

  • チョコレートに期待できる効果として、能率のアップです。チョコレートの成分は、この能率に関連する成分は「テオブロミン」と「フェニルアセトアルデヒド」という2つがあります。
  • テオブロミンは大脳皮質を刺激して記憶力や思考力が高まると言われています。さらに自律神経を調節して、心理的なストレスの抵抗力を高める働きもあるのだとか。朝食べることで、1日のストレスも少なく済むかもしれませんね。
  • フェニルアセトアルデヒドは、チョコレートの香りの源とされていて、中枢神経系に作用して集中力や記憶力を高めると言われています。
  • チョコなのに美容効果抜群!ハイカカオチョコレートの効果!朝のチョコレートは、ダイエットに効果があると言われているから驚きなんです。
  • チョコレートの原料であるカカオには、ポリフェノールや食物繊維のほか、ビタミンやミネラルなどが豊富に含まれています。そのため血液がサラサラになって代謝を高める効果があるのだそう。

 

※革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)山川プログラムとは!
内閣府が、日本を「世界で最もイノベーションに適した国」にするという目的のもと、国家重点プログラムとして取り組んでいます。ImPACTは、公募で選出された16名のプログラム・マネージャー(PM)による、さまざまなジャンルの研究開発があります。山川義徳プログラム・マネージャーが統括する「ImPACT山川プログラム」(ImPACT山川プログラム「脳情報の可視化と制御による活力溢れる生活の実現」)も、16あるImPACTプログラムのひとつとして推進されています。昨今、日本だけではなく世界的にもうつ病や認知症、脳卒中などの脳・精神疾患患者数が大きな社会的・経済的問題になっています。これに対し、「ImPACT山川プログラム」では、世界で進む脳・精神疾患の治療研究や脳の機能代償(機器やIoT(Internet of Things)※等による失われた機能のサポート)ではなく、脳の健康維持・増進を目的とした研究を行ってきました。中でも、「脳の健康」を考える際に課題になっていた「脳の健康指標」づくりを推進してきました。こうした取り組みの一環として、国際標準化を推進している「脳の健康指標」の検証も兼ねた、開かれた科学としてのBHQ(※2)チャレンジをさまざまな企業と行ってきました。その中で、株式会社 明治との共同研究として高カカオチョコレートによる脳の健康効果に関する実証トライアルを行いました。

 

 

タグ :           

バレンタインデー

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ