パラレルワーク 起業の準備ができる 複数の収入源 収入源に人生を依存しない 生き方 働き方 NEWSゼロより!

桃子のつぶやき

【パラレルワーク】とは!!『複数の収入源を作り、収入源に人生を依存しない生き方、働き方』NEWSゼロより!

読了までの目安時間:約 5分

新しい働き方「パラレルキャリア」とは?

 

パラレルワークとは!!
『複数の収入源を作り、収入源に人生を依存しない生き方、働き方』という意味です。パラレル状に、それぞれの仕事が有機的に絡み合うという意味もあります。さらなる進化を遂げるテクノロジーと新たな時代の価値観が出会ったことで、これまで考えられなかった(あり得なかった)ような働き方が可能となった。今、私たちの目の前には、数限りない働き方が存在する。私たちは、自らの働き方を自分で選び、実行していかなければならない。それが、本書の言う「パラレルワーク」である。

 

会社員や、サラリーマンがダメなのではない

やりがいのある仕事をしているなら素敵な仕事だと思う。
それに、個人では扱えないような金額や規模の仕事を扱えるのも、会社員での魅力の一つだろうし。

ひとつの会社のひとつの職を自分のキャリアとするのではなく、複数の仕事・活動をキャリアと認識し、それぞれを同時並行させるという考え方。会社員として働きながらウェブメディアを運営する、あるいはNPOに所属して活動するなど、パラレルキャリアといってもさまざまなスタイルがあります。

73f0bdbf8dbcf3b21bb9fd3e9ddf5129_s

一つの仕事、一つの会社「だけ」だと非常に危険極まりない

 

・そもそも今の仕事だけで、収入や毎日の生活が満足ですか?

・今の会社で一生働きますか?働かないとしたら、辞めたらどうするか具体案ありますか?

・一つの会社だけに頼る形になって、つぶれたらどうします?

・一つの「労働」するだけの収入に頼って、働けない身体になったらどうします?

◆一つの仕事だと、この仕事がなくなると生活出来ないという呪縛。全ての生命線は、その会社が握ってるから。

 

パラレルワークをすると何がいいのか。

 

・単純に収入源が増えるので、収入額が増える可能性がある。

・発展すると、働く場所、働く時間、稼ぐ金額、働く相手を全て自分で決めれる。

・会社や上司に人生を決められなくてよくなる。

・この仕事がなくなると、生活が出来ないというストレスがない。

・仕事の為の人生ではなく、人生を充実する為の仕事にできる。

・「複数の収入源があったら良い」という、会社には居ないような、価値観の人たちと知り合える。

 

 

資本があまりかからず、PCとインターネット環境があれば出来る

 

『いきなり会社を辞めて起業!!』なんてハイリスクな事ではなく、
1、会社の収入+二つ目の収入源、、

2、それが出来たら三つ目の、という風にステップを踏んでいきます。

インターネットの普及していない10年ほど前だと出来ない起業法でしたね。本当に今の時代とマッチしていると思います。

 

パラレルキャリアを始めるためのポイント

 

これからは定年のない時代になるため、生涯続けていきたいと思えるようなライフワークに出合える可能性が。

 

•他者への直接的貢献による「喜び」/しかしパラレルキャリアを通じてなら、他人に直接的に貢献し、喜びを感じる活動を行うことも可能。

 

•起業の準備ができる/パラレルキャリアを、起業の準備期間にあてることも。

 

新たな人間関係を構築できる/これまでは会社の人間として評価されてきた人が、個人名で評価されることに。そこから新たな人間関係を構築できる。

 

パラレルキャリアを行なう際に気をつけなければならないポイント

 

1.経済基盤についてはシビアに

「経済的に無理しすぎないこと」だそうです。たとえば会社を辞めて未知の分野へ突然飛び込むような事はしない。

 

2.初期費用・固定費をなるべくかけない

事業がうまくいかなくなるのは「資金」が回らなくなるから。ならば借金をせず、固定費をかけなければパラレルキャリアにも失敗はなくなります。できる限りのコストカットが大切です。

 

3.体験・経験から始める

環境や流行、他人の言動に惑わされず、自分がいままでに経験したこと、体験したことから、まずは考えるべき。

 

 

タグ :        

ライフワーク

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ