クールシェア 意味 スタート いつ クールシェアスポット おススメ 猛暑の夏 利用しよう

桃子のつぶやき

クールシェアの意味、スタートはいつ?クールシェアスポットのおススメ 猛暑の夏 利用しよう

読了までの目安時間:約 5分

クールシェアについて

 

今年も、猛暑だそうですね。九州は急に暑さがきたので、身体がだるくて、食欲もいつもよりはないですね。きつい、だるい、などなど

もう暑くてたまりません。こんなときは脱水症状、熱中症などが表れますので、自分で自己管理はしていますよ。

私は電気代は高くてもいいから、昼からクーラーをつけています。熱中症などになったら、たまりませんから!

2~3日前のニュースで「クールシェア」を取り上げていました。私が住んでいる九州では、まだまだクールシェアスポットはありませんが、スマホで検索したら、私立図書館が近くのクールシェアスポットでした。家から車で10分位です。

「クールシェア」の意味、スタートは!

 

スタートしたのは、2011年だそうです。今年は熱中症予防スポット」としても話題にあがっていますねこれが契機となり、今年の一大ムーブメントと発展してきました。

「クールシェア」とは、多摩美術大学デザイン学科のチームが、2011年、「東日本大震災後の状況に対して、デザイナーは何ができるか」という問いかけに対して発表したアイデアだったそうです。

夏の暑い日、日中14時ころの消費電力を見ると、エアコンが53%と最も多いということがわかっています(資源エネルギー庁の推計)。そこで、ひとり一台のエアコンをやめ、涼しい場所をみんなで過ごすことで、節電しながら夏を乗り切ろうというのが、「クールシェア」の考え方です。

昨年は、多摩美術大学周辺での試験的な実施にとどまりましたが、この活動がeco japan cup 2011(環境省などが主催)」で評価され、エココミュニケーショングランプリを受賞しました。

続々と誕生しているクールシェア・スポット さまざまな機関・団体が積極的に

  • 例えば、「日本一暑いまち」の埼玉県熊谷市はいち早く、「クールシェア」に賛同した街です2012年は市役所本庁舎や公民館、市内の民間企業も連動しています。計17ヶ所を「まちなかオアシス(熱中症休憩所)」として、市民に開放しました。ウチのエアコンを止めて、クールシェアのためにきたと告げると飲み物がもらえるなどのサービスを行っているスポットが、約120店舗もあるそうです。
  • 多摩美術大学の地元、多摩市でも「クールシェア・スポット」の拡大が続いています。9月までの間、コミュニティセンターなど市内24ヶ所の公共施設を、「まちの休憩スポット」と認定。飲み物などを提供するサービスを実施しているそうです
  • また東京荒川区では「あらかわ街なか避暑地」として46ヶ所のスポットを用意したり、東京品川区では、「避暑シェルター」62ヶ所を設置と、確実に「クールシェア・スポット」が拡大していっています。

 

今年の夏は、「クールシェア・スポット」に集まり、涼みながら、コミュニケーションを取ろう。オススメです。

暑かったら、家のエアコンを止めて、「クールシェア・スポット」に出かけてみよう。

 

  1. 九都県市(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市)は、省エネや節電などにより、地球温暖化の防止やヒートアイランド現象の緩和につながる「クールシェア」の取組を推進します。
  2. 夏の暑い日、家庭で使用する電力の半分以上をエアコンが消費しています。ひとり一台のエアコンの使用をやめ、涼しい場所をみんなでシェアして、家庭や地域で楽しみながら、夏の省エネ・節電・暑さ対策に取り組みましょう
  3. 期間  平成29年7月1日(土)~平成29年9月30日(土)
    2 「クールシェア」の具体的な例
    おうちでクールシェア ~ 家族がひとつの部屋で過ごし、エアコンの使用台数を減らす。
    自然でクールシェア  ~ 木陰や水辺など自然が多く涼しい場所に行き、時間を過ごす。
    まちでクールシェア  ~ 公民館等の施設、地元のお店など、涼しく過ごせる場所に集まる。

 

タグ :     

ライフワーク

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ