トイレ タンク上 手洗い 水受け 掃除 目の細かい サンドペーパー 使う 方法 お酢 クエン酸

桃子のつぶやき

トイレのタンク上の手洗い・水受けの掃除方法!

読了までの目安時間:約 5分

トイレのタンク上の手洗い・水受けの掃除方法

 

トイレタンクの上の手洗い部分の汚れ・・気になりますよね。トイレタンクの手洗い部分の汚れはほとんどが水垢です。私は、大掃除でもなかなか落ちなかったので、しらべてみました。この水垢、中性洗剤を使ってもスポンジでこすってもなかなか取れません。

水垢の正体は水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分です。水滴が蒸発し、ミネラル分はそのまま残って手洗いの水受けなどに付着してしまうというわけです。

 

カルシウムやマグネシウムの残留物をスケールといいますが、このスケールは掃除をする上で一番厄介な汚れなんです。

 

トイレタンクの上の手洗い部分の水垢を清掃する方法

 

トイレタンク手洗い部の水垢には酸性洗剤が最適、酸性洗剤(サンポールなど)

水垢の成分は、カルシウム等のミネラル成分です。この成分はアルカリ性であると言われています。

そして、アルカリ成分の汚れを効率よく落とすためには酸性の洗剤を使うのが最も効果的です。市販の酸性洗剤として有名なのがサンポールです。

掃除方法は簡単です。サンポールを水垢に塗布して少し時間を置いてからスポンジなどでこすり洗いしましょう。酸性洗剤であるサンポールが水垢を柔らかくしてくれるので軽くスポンジでこするだけで水垢が取れます。

 

酸性洗剤の取扱いには注意!

 

酸性洗剤を使用する際の注意点は、絶対に塩素系洗剤と混ぜないこと。混ぜるな危険!!という表示が書いてあると思いますが、塩素系洗剤と酸性洗剤を混ぜると有毒ガスが発生します。

また、酸性洗剤には金属を腐食させる性質があるので水栓金具などにつかないように注意しましょう。

クエン酸

 

同じ原理で言うとクエン酸もおすすめです。クエン酸とはレモンや梅干などに含まれている酸味の成分です。レモンをかじるとすっぱいですよね。このすっぱい成分がクエン酸です。

掃除方法はというと、一般的にはクエン酸は粉状で販売されているのでまずは、クエン酸水を作りましょう。水100mlに対して小さじ2分の1クエン酸を入れて水に溶かせばクエン酸水の出来上がりです。

このクエン散水を出来れば水垢にスプレーして小一時間置いてからスポンジ等でこすり洗いしましょう。サンポールと同じ原理で水垢が簡単に落とせます。

お酢

 

他にはお酢などでも代用できます。要は、中性洗剤や、アルカリ性洗剤を使うよりも圧倒的に酸性洗剤のほうが水垢に対しては効果があるということです。

洗剤でダメなら削るしかありません

トイレタンクの上の手洗い部はそんなに目立つ場所ではないのですが、掃除の基本としてやはり傷をつけないことが大切ですから、できれば上記の洗剤を使用して水垢を柔らかくしてから水垢を軽くこすって落とすという方法が理想的です。

ただ酸性洗剤を使用しても水垢が落ちない時もあります。そんなときは、水垢を「落とす」のではなく「削る」方向で掃除をするしかありません。

水垢落としに有効なのは、サンドペーパーで水垢を削って落とすという清掃方法です。掃除方法はサンドペーパーでひたすら水垢をこするだけなのですが、できるだけ傷をつけずに仕上げるためにはやり方があります。

目の細かいサンドペーパーを使う

 

サンドペーパーには目の粗さによって番号があります。できれば、1000番くらいのサンドペーパーでこすって、水垢を落とし2000番台の目の細かいサンドペーパーで仕上げるといった行程をとると良いと思います。

もしできるだけ傷をつけたくないのならスコッチブライトなどのナイロンタワシでも代用できますが、やはり削る能力はサンドペーパーのほうが上かと思います。

 

 

タグ :      

ライフワーク

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ