冬本番 部屋の中 寒さ 対策 とにかく着込む どうしてる?

桃子のつぶやき

冬本番! 部屋の中での寒さ対策、どうしてる?

読了までの目安時間:約 3分

冬本番! 部屋の中での寒さ対策、どうしてる?

 

いよいよ冬本番! 外出が億劫になる季節ですね。寒い日はどこにも出掛けず、家でぬくぬく過ごしたい… なんて人も少なくないのでは。でも実は、家の中にいる時に寒さを感じている人が多いんです。そんなみなさんから寄せられた、「部屋の中での寒さ対策エピソード」を紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

家の中で一番寒く感じるのは「浴室・脱衣室」

※リビングWeb「家の中で感じる寒さアンケート」(2014年11月6日~11月13日実施)。有効回答数 866。

「冬の季節、家の中のどこが寒く感じますか?」という質問に対して、

  • 1位は「浴室・脱衣室」、
  • 2位「トイレ」と暖房設備が整っていない場所が上位を占めました。
  • 「寝室」「キッチン」。
  • 家族みんなが集まる「リビング」「ダイニング」は暖房をつけていることが多いため、下位にランクされました。

 

家の中で寒く感じる時の防寒対策は?

 

防寒対策として一番多かったのが、「とにかく着込む」。

  • 機能性下着、ネックウォーマー、レッグウォーマーを着用。靴下の二枚履き、ダウンジャケットを羽織る、腹巻きをする、指先のない手袋をする、着る毛布をかぶるなど完全防備する人も。

「断熱対策をする」という意見も散見しました。

  • 窓の前にパネルを置く、すきまテープを窓に貼る、床に断熱マットを敷く、窓に断熱用シートを貼る、床に付くくらい長いカーテンにする、
  • 二重カーテンにする、内窓を設置するなど、冷気を遮りつつ熱を逃がさない方法は、高い防寒効果を発揮しそうですね。

一日中湯たんぽを抱えている、

温かいものを飲んだり食べたりする、

使い捨てカイロを貼る、

掃除やスクワットをして体を動かすなど、「体の中から温める」方法を実践している人も多く見られました。

 

※これらを参考にして、冬を暖かく乗り越えたいですね!

 

タグ :     

ライフワーク

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ