暑さ対策 エアコン 空調 使い方 コツ 上手 使用法

桃子のつぶやき

暑さ対策にエアコンなど空調の使い方のコツはこれ!

読了までの目安時間:約 3分

暑さ対策にエアコンなど空調の使い方のコツはこれ!上手な使用法をチェック

灯ろうは有料ですが、ご希望の場合は浅草観光連盟にお申し込みください。

家にいて、暑ければ窓をあけたりエアコンをつけたりして部屋を涼しくしますよね?

いつ・どんな状況で使うのか?温度調整や冷風の風向きはどうか?など使い方次第になります。

 

今回は、暑さ対策にエアコンなど空調の使い方のコツのご紹介と、上手な空調の使用方法についてチェックしていきます。

 

暑さ対策にエアコンなど 使い方のコツ!

真夏日や熱帯夜に暑さを我慢するのは、熱中症を招く原因になりかねません。

まずはエアコンの上手な使い方を覚えて熱中症予防に活用しましょう。

 

  • エアコンは、設定温度は26~27℃が標準的ですが、体感温度は体調や気候によって変動しますので、快適な室温に保てるようにこまめに調整しましょう。
  • ただし24℃を下回るほどの低い温度にすると、皮膚の表面の血管が収縮し、体内の熱が放散されにくくなります。
  • また外気温と室温の差が大きくなると、体にかかる負担が大きくなるので注意しましょう
  • また、エアコンの冷風が直接体にあたると、疲労を感じやすくなるため、風向きを上向きに調整します。
  • 冷気は部屋の下にたまりやすいので、扇風機を併用して、冷気を部屋全体に循環させるとよいでしょう。

 

上手な空調の使用方法をチェック

  1. フィルターを掃除して効能をアップ。エアコン本体や送風口、フィルターを掃除するとエアコンの効きがよくなることもあります。
  2. 風向きや風量を調整しよう。エアコンの風向きは上に向けましょう。室温が高いときは強風で冷却を促し、温度が下がったら微風にするなどの風量調整もしましょう。
  3. 設定温度はこまめに変える。リモコンなどに表示される温度と、人が感じる温度には差があります。こまめに調整しましょう。
  4. エアコンの空気は部屋の下にたまりますので、扇風機を併用し、空気を循環させましょう。

 

タグ :     

ライフワーク

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ