暑中見舞い 例文  2016 暑中見舞い お礼 例文

桃子のつぶやき

暑中見舞いの例文 – 暑中見舞いのお礼の例文!

読了までの目安時間:約 2分

暑中見舞いの例文 - 暑中見舞いのお礼の例文

 

暑い夏が来ると、暑中見舞いや残暑見舞いを親しい方にもらうと思います。今日は残暑見舞いの返事の場合の例文や気を付けたい注意事項をご紹介します。暑中見舞い(暑中見舞いのお礼)に書く文章の例文を集めました。
暑中見舞い - 暑中見舞いのお礼 - 例文1

暑中お見舞い申し上げます

暑い日が続いておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。ご丁寧なお見舞い状をいただきまして、誠に恐縮に存じます。酷暑の折から、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。
平成二十八年盛夏

 

暑中見舞い - 例文2

暑中お見舞い申し上げます

梅雨が明けたとたんに、猛烈な暑さとなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。ご丁寧に暑中お見舞いをいただきまして、恐れ入ります。これからも暑さが続きますので、くれぐれもご自愛ください。
平成二十八年七月

 

暑中見舞い  - 例文3

暑中お見舞い申し上げます

寝苦しい日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。このたびは暑中お見舞いをいただき、ありがとうございました。おかげさまで家族一同元気に過ごしております。まだしばらくは厳しい暑さが続きますが、体調にはくれぐれもお気をつけ下さいませ。
平成二十八年盛夏

 

※暑中見舞いには「拝啓」「敬具」などの頭語や結語は不要です

※この文面は例文です。書体・内容・体裁は各自の責任で適宜変更してご利用ください

 

タグ :  

ライフワーク

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ