残暑見舞い 返事 例文

桃子のつぶやき

残暑見舞いの返事・例文の紹介!!

読了までの目安時間:約 3分

残暑見舞いの返事・ビジネス例文

 

皆様は、会社の上司や仕事上の取引先などから、残暑見舞いをもらう機会もあると思いますが、その場合の返事はどのように書けばいいのでしょうか?

 

ビジネス文書の場合は、近況報告は書かないようにしましょう。お見舞いをいただいたことを有難く思う気持ちと、今後も良いお付き合いをしたいことを必ず書き添えておきましょう。

 

 

 

残暑見舞いの返事・例文

 


 

残暑お見舞い申し上げます。

立秋とはいえ、連日の猛暑にいささか参っておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

本当の秋が待ち遠しい今日この頃、私どもは蓼科へ出かける予定です。
しばし涼風に憩えることを今から楽しみにしております。
来年はご一緒できるといいですね。

残暑厳しき折、どうぞご自愛くださいますようお願い申し上げます。

平成●●年 盛夏

 


 

  • 残暑お見舞い申し上げます。立秋を過ぎ暦の上では秋となりましたが、暑い日が続いております。○○様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。先日はご丁寧にお見舞いをいただき、誠にありがとうございました。お気遣いいただき嬉しく思っております。今後ともお引き立てを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。まだ暑さが続くようですので、夏の疲れも出る頃と存じます。くれぐれもお体ご自愛ください。

平成○○年 晩夏


 

 

残暑お見舞い申し上げます。

このところ猛暑が続いておりますが、お元気でお過ごしのことと拝察申し上げます。

わが家は、これから遅めの夏休みを取り、両親共ども北海道を巡る旅をする予定です。
束の間の親孝行ですが、リフレッシュして帰ってきましたら、今まで以上に仕事に邁進する所存です。

この暑さもまだ続く気配、くれぐれもご自愛くださいますようお願い申し上げます。

平成●●年 盛夏

 


 

 

残暑見舞いをいただいた際の返事の出し方についてのご紹介でした。

親戚や友人、親しい方、ビジネス上のお付き合い、で御見舞を送ることでその方との距離もより近くなり、良いお付き合いが続けることが出来るので、失礼のないように送ることができるよう正しいマナーを身につけておきましょう。

 

タグ :  

ライフワーク

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ