生前整理 いつから 始めるの 遺品整理 家族の幸せのために 自分のためにも

桃子のつぶやき

生前整理っていつから始めるの?家族の幸せのために!!自分のためにも!!

読了までの目安時間:約 4分

私は、子供が一人前になったら、生前整理は始めよう。と思っていましたが、まず、その前に要らないものを整理して捨ててしまう必要があります。生前整理を始めようと思ったのは、長い人生には何があるかは、分からないものです。不慮の事故に突然あう場合もあるし、会社を退職してから重病にかかるかも分かりません?難病やガンになるかもです?子供が苦労しないように、生前整理は始めなくては、いけない課題だと、思います。今日は生前整理について調べてみました。

 

生前整理は体調が悪くて、捨てたくても捨てられないという方も多いのかもしれません。生前整理は、からだが動くうちに、「少しでも物を減らすべきだ」ということを、家族から提案してはどうかと思います。いらない物を捨てて、身軽になることは、日々を充実感を持って生きる大きな助けになります。年をとったら、もうそんなにたくさんの物はいりません。物が少ないと、本当に生きやすくなるのです。

 

生前整理っていつから始めるの?

 

願うのは家族の幸せ

 

死を意識すると「家族に対する恋しさを感じる」という方いませんか?死は、最愛の家族との別れでもあります。自分が亡くなった後も、家族に元気で幸せに暮らして欲しいと願うのは、とても自然な感情でしょう。

そんなとき、一度考えてみて欲しいのが生前整理です。生前整理とは、まだまだ元気でしっかりと判断力があるうちに自分の持ち物を整理しておくことをいいます。

 

7546b4bc14a51f2358ea3499ecc2818c_s

 

 

家族のためだけでなく、あなたのためにも

生前整理は自分のためにも必要な行為。例えば、今までの人生で実現できなかったことを挙げてみましょう。行きたい場所、会いたい人、食べたいモノ、欲しいモノなど、自分の中で整理して「これだけは死ぬまでにやりたい!」ということをピックアップ、可能なものから少しずつ実現していくのです生前整理は、後悔することなく満足して生涯をまっとうすることができ家族のためだけでなく、自分の人生のためにも生前整理はとても有益な行為なのです。

 

もめごとの原因となる遺品整理

 

「遺品整理」は、家族のもめごとの原因になります。誰にどんな遺品が分配されるのか?あらかじめ決めていないと、その結果、もめごとに発展してしまうのです。遺産相続では、家庭崩壊などの重大事件に発展してしまうこともあります。遺品整理でも同じようなことが起こる可能性は十分に考えられます

 

早めにはじめることで、みんなが納得する遺品整理が可能

 

自分の死後の、家族の幸せを考え始めた機会に今から、生前整理をはじめてみませんか?

歳を重ねるにつれて、体力や判断力は衰えていき、急病や事故で突然亡くなってしまうことも考えられます。生前整理は、死後もめごとが起こらないように、自分の意志だけではなく、家族とゆっくり話し合い、必要なものと不要なものを分けておきましょう。家族もあなた自身も余計な不安を抱えることなく、穏やかに過ごすことができます。

 

第三者に入ってもらい、納得できる遺品分配を!

家族、そしてあなた自身のために行う生前整理。後悔のないように余裕を持って行ないましょう。

正確に持ち物の価値を知るためには、家族と利害関係のない第三者に査定してもらうことで、全員が納得できる遺品整理ができます。

 

※その際に協力してもらうのは、査定士が最適!生前整理を行う際には、査定士などの第三者の専門家に協力してもらうとよいでしょう。

 

タグ :      

ライフワーク

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ