会話術 相手を傷つけない 自分が傷つかない 人間関係を よくする 話し方

桃子のつぶやき

相手を傷つけない・自分が傷つかない・人間関係をよくする話し方の会話術

読了までの目安時間:約 5分

人間は、朝起きてから、寝るまで会話をしてる動物です。話は生活の中に溶け込んでいます。同じ事の話をさせても、相手にビンビン響く話し手と、いまいちピンとこない話し手はいますね。私は後者なので、話し下手で困っています。文章は、凄く出てくるので、書くことは得意です。でも何故か話が上手くできない。人によっては、面白可笑しく話をして、ポイントはキチンと言いながら、人を引きつけてやまない人がいますよね。その人に、会うと自然と笑顔が、こぼれるような人っていますよね。私は理屈・道理では口では負けないですが、日常の会話が下手です。人に意地悪して困らせようとか、そんなつまらない次元の低い事は、思う事はありませんが。多分自分だけ解っていて、また言葉足らずで、自覚していなくても相手が不愉快に思ったり、もしかして傷つけているかも。60年も生きてきたら、なかなか自分の話し方をかえる事は、難しいかもしれませんが、会話上手になれたら、「鬼に金棒」って気分になるでしょうね。

PCで他の事を検索していたら、.傷つけない・人間関係をよくする話し方の会話術 があり、投稿します。

 

 

傷つけない・人間関係をよくする話し方の会話術

相手を傷つけない思いやりの雑談をすれば、心地いい時間を過ごせます。あなたがそんな会話術を身に付ければ、あなたの周りには、自然と雑談をしてくる人が増え、いつの間にか会話力も上達していきます。

 

相手を傷つけない話し方

 

あなたは何気ない会話で、相手を傷つけてしまったと感じたことはありませんか?多くの人が、その気がなくても、知らず知らずのうちに相手のこころを傷つけた会話をしています。

普段の会話でいい人間関係を築く話し方を身につけましょう。

 

5a1bcc6190ac35e7be27b8c4baee495f_s

 

1.会話のとげ抜き

 

1 知らず知らずにやっている大げさな話し方→大げさな指摘をやめれば、相手は傷つかない。

 

2 悪い場面のたとえは悪意が伝わる→いい人間関係を築きたいなら、”悪い場面のたとえ”で話さない。

 

3 「女だから」「B型だから」はよけい傷つく→反論しやすい適切な指摘で、いい人間関係は作られる。

 

4 ほめるために他をけなさない→相手の気持ちを断定する話し方は、心を傷つける。相手の気持ちを決めつけた会話は、人間関係を悪化させる

 

5 答えようのない質問で責める話し方はしない→質問形式で責めないのが、正しい怒り方。

 

6 悩み相談で使える聞き上手な会話術→聞き上手な悩み相談は、言い回しを工夫してオウム返しする。「悩みの原因は過去の出来事」と気付かせる話し方で人間関係もうまくいく

 

 

自分が傷つかない話し方

 

相手の無神経な発言で心を傷つけられたことが、誰しもあると思います。もしあなたの話し方次第で、相手の話し方を配慮あるものに変えることができれば、もっと楽しく会話できるはず。そんな会話術の紹介しています。

 

オウム返しの効用 - いらいらさせない話し方
1 オウム返しで真剣さを伝えると、人間関係が良くなる。→ネガティブ発言する人といい人間関係を築くオウム返しの話し方。やわらかい表現に言い換えて繰り返す(傷つかない話し方)

 

2 不快な情報を伝えると、あなた自身も嫌われる→不快な情報は心配させない話し方で伝えると、人間関係が良くなる。

 

3 言葉の裏を読みすぎると、たいてい悪く考える→相手の好意的な言葉は、素直に受け止めると人間関係がうまくいく。

 

人間関係を円滑にする話し方の会話術

 

いい人間関係は会話することから生まれます。積極的にいい人間関係を築ける人は話し方が違います。人間関係を円滑にするには「会話中にこれをしたらいい」という話し方の会話術を具体的に解説します。

1 お願い事は名前を呼んで依頼する→名前を呼ぶといい人間関係が築ける。

 

2 持ち物をほめたら、その流れで相手をほめる→ほめ上手はほめられたい所を的確にほめる。

 

3 一度だけのお礼では、相手は満足しない→お礼は2回伝えると気持ちが伝わる(感謝の伝え方)

 

タグ :      

ライフワーク

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ