節税 確定申告 極めよう 得する 控除制度 特定支出控除

桃子のつぶやき

節税するなら確定申告を極めよう!~1得する控除制度は!

読了までの目安時間:約 3分

節税するなら確定申告を極めよう!得する控除制度

 

「企業でもない限り節税なんて関係ない話」なんて思っていませんか?

控除制度とは課税の基準になる所得や、所得税額そのものから一定額を差し引いてくれる制度です。

ここではその中から特定支出控除の控除制度を紹介します。

 

確定申告でお金が戻る!特定支出控除

特定支出ってどんな支出?

「給与所得者の特定支出控除」の制度について説明する前に、まず「特定支出」とは何かを理解しておきましょう。

①は通勤に必要な支出、

②は転勤の際に必要な支出、

③は仕事に関係のある技術や知識のために研修を受けるために必要な支出

④同じく資格を得るために必要な支出。

⑤は単身赴任などを理由に自宅と勤務地が離れている場合に自宅へ帰る時に必要な支出を指します。

⑥はさらにa〜cに分類されています。どの場合にも仕事に直接関係のある出費であることが条件です。

「給与所得者の特定支出控除」

①この特定支出控除が一定額を超えると、その超えた分の金額を給与所得控除後の所得金額から差し引くことができるのが「給与所得者の特定支出控除」です。つまりは払い過ぎた会社の経費を確定申告によって少しでも取り返せるというわけです。

②この「一定額」は1年の収入金額によって決められています。

●平成25年分から平成27年分については

収入金額が1,500万円以下の場合はその年の給与所得控除額の2分の1です。1,500万円超なら125万円。

●平成28年分は収入金額に関わらず、その年の給与所得控除額の2分の1が基準となります。

 

◆また特定支出として認められるためには会社の証明が必要という点にも注意が必要です。適用を受けるにはかなりの金額の特定支出と会社の証明が必要なので、ややハードルは高いかもしれません。

 

まとめ

各種控除制度を細かく見ていくと意外な節税ポイントがあります。年末調整でも節税になるもの、確定申告が絶対に必要なもの、節税できる金額の大小など制度によって費用対効果は様々です。

 

 

タグ :      

ライフワーク

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ