確定申告 青色申告特別控除 10万円 65万円 受ける場合は!

桃子のつぶやき

確定申告~青色申告特別控除10万円ないし65万円を受ける場合は!

読了までの目安時間:約 3分

青色申告に必要な帳簿とは?

手間がかからないという白色申告のメリットはあまりなくなってしまいました。そのため今後は青色申告をしようと考えていらっしゃる方も多いと思います。青色申告では、白色申告より高い水準で記帳をすることで、税務上有利な取り扱いを受けることができます。

 

青色申告における有利な取り扱いの代表に「青色申告特別控除」というものがあります。青色申告特別控除は、記帳の水準によって最高10万円または最高65万円を所得から控除できるというものです。

65万円の特別控除を受けるためには複式簿記(正規の簿記の原則※)により作成された損益計算書と貸借対照表を確定申告書に添付し、提出期限までに確定申告を行う必要があります。

正規の簿記の原則によらず、簡易簿記で記帳をした場合には10万円の特別控除しか受けることができません。それぞれに必要な主な帳簿を示すと以下の通りです。

 

1、青色申告特別控除65万円を受ける場合

仕訳帳、総勘定元帳、現金出納帳、預金出納帳、仕入帳、売上帳、商品有高帳、売掛金元帳、買掛金元帳、固定資産台帳など

 

2、青色申告特別控除10万円を受ける場合

現金出納帳、預金出納帳、売掛帳、買掛帳、経費帳、固定資産台帳など

青色申告特別控除を受けるには、これらの帳簿をエクセルなどで作成するだけではなく、例えば仕訳帳に記帳された仕訳が、総勘定元帳や現金出納帳などと組織的に結びつき、これら帳簿組織から貸借対照表や損益計算書が作成されている必要があります。

(※正規の簿記とは、所得税法施行規則第57条における、「資産、負債及び資本に影響を及ぼす一切の取引を正規の簿記の原則に従い、整然と、かつ、明りように記録し、その記録に基づき、貸借対照表及び損益計算書を作成しなければならない。」との規定に基づく記帳方法を言います。)

つまり、貸借対照表や損益計算表を作成できる組織的な記帳方法であれば正規の簿記と言えるため、複式簿記だけが正規の簿記に該当するわけではありません。通常、複式簿記以外の方法で正規の簿記の原則を満たすことは困難ですので、本稿では正規の簿記=複式簿記として説明いたします。

 

タグ :    

ライフワーク

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ