1週間 便秘 改善する お手軽 腸活法 腸活 トレーニング もずく酢オリーブオイル 直撃コロシアム

桃子のつぶやき

1週間で便秘が改善するお手軽な≪腸活法≫「直撃コロシアム」~その1

読了までの目安時間:約 4分

 

2016年7月4日放送「直撃コロシアム」では腸活が取り上げられました。1週間で便秘が改善するお手軽な「腸活法」が紹介されました。

麻木久仁子さん、和泉さん、片岡さんが腸活に挑戦!

腸には・・70%の免疫細胞があります。さらに生活習慣病にも関連しています。

便秘とは・・3日以上排便がなく、あっても残便感があることです。

 

腸活トレーニングで改善・便秘解消方法を紹介。

 

麻木久仁子さん(33) 便秘歴 22年 排便2日に1回(便秘薬を使用) 最長5日間

和泉ちぬさん(59) 便秘歴 40年以上 排便 4日に一回 最長1週間

お腹を大腸にそって押してみて張り、痛みを感じたら便秘の可能性が。通常便はぜんどう運動によって便が直腸まで運ばれて「お通じ」がくる麻木さんは腸のぜんどう運動が弱いためスムーズに運ばれず便が溜まる。これをほおっておくと便が腸内で腐敗。悪玉菌が増えて腸内環境が悪化。⇒生活習慣病を引き起こす原因に
麻木さんの原因を調査。自炊をして魚や野菜を取り入れていますが「運動」をしていませんでした。運動不足による腸のぜんどう運動の衰えが原因。

 

朝食を変える腸活レシピ「もずく酢オリーブオイル」

 

中高年以降になるとどんどん筋力が弱まります。普段から運動している人は腹筋が使われており、大腸を刺激しています。腸のぜんどう運動が促進。便が腸から肛門へ押し出される。普段運動しない人は・・腹筋が衰え筋力が低下 大腸は刺激されず腸のぜん動運動は衰える。和泉ちぬさんの原因は「腸の老化」でした。加齢により、大腸を支える筋力が衰えて垂れ下がっている。70歳~80歳代の腸と言われていました。老化するとぜん動運動がうまくいかずに便がスムーズに運ばれない。また、腸が垂れ下がることでお腹が前に押し出されてポッコリおなかの原因に。二人は腸活生活を一週間実践してみました。

 

たった3分!腸活トレーニング

 

麻木さんはこちらの腸活をします。運動嫌いの人でも簡単にできる2つの体操です。

踏ん張る力をつけるトレーニング腸回りや股関節の筋力をつけ踏ん張る力をつける

①椅子に腰かけて背筋をぴんと伸ばします。

②左右交互にお尻で歩くように動かします。

③1・2・3・4で前へ移動。

④5・6・7・8で後ろへ移動

2往復 朝・昼・晩行います。

 

便を押し出す力をつけるトレーニング

腸腰筋を鍛えることで便を押し出す力がつく

①まっすぐ立ち右ひざを上げ、左腕を前へ突き出す。

※右腕のひじはしっかりと後ろにひくこと

②反対も同様に。

腰が曲がったり、上げた足が内側に向かないように

朝・昼・晩 交互に4回ずつ行う。

 

1週間の効果

麻木さんは排便2回に1回⇒毎日1回

便秘薬を使わなくなった

 

タグ :      

健康・ダイエット

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ