熱中症 怖さ 熱中症 原因 予防 熱射病 予防 可能 熱中症 種類 熱けいれん 熱失神 熱疲労 熱射病 

桃子のつぶやき

『熱中症の怖さ』~熱中症の原因と予防を知れば、熱射病の予防も可能!!~その2

読了までの目安時間:約 3分

熱中症の原因と予防を知れば、熱射病の予防も可能

 

夏は気温とともに体温も上がりやすいもの。そんなとき、汗をかいて体温を下げるのですが、「汗をかく」とは体内の水と電解質(イオン)が失われている、ということ。熱中症の原因に直結しているんです。

 

 

熱中症とは、高温や多湿の環境で起こる身体の異変です。ひとくちに熱中症と言っても、4種類あります。
•熱けいれん •熱失神 •熱疲労 •熱射病

左から右にかけて重症度が高くなります。そもそも熱中症は、脱水症によって引き起こされるケースがほとんど。やっぱりコマメな水分補給が大切なんですね。

・熱けいれん
大量の発汗があるにもかかわらず、塩分を取らずに水分のみを取っていたために、塩分とミネラルが不足して、低ナトリウム血症となって、四肢や腹筋にけいれんが起きます。

・熱失神
塩分とミネラルが不足した結果、体内の血流量が低下して、脳への血流も一時的に減ってしまいます。すると、熱失神が起こります。意識を失っても、数秒で回復しますが、運動を中止した直後に起こりやすいので注意が必要です。

・熱疲労
もうすでに水分も電解質(イオン)も失われている体内は、次に虚脱へと発展します。倦怠感、疲労感、めまい、頭痛、頭重感、吐き気、嘔吐など。意識障害はなく、自覚できる症状ですが、放っておくと危険です。
血圧が低下して、弱くて速い脈になっています。皮膚は蒼白になって、多量の発汗が起こります。

・熱射病
これは40℃を超える高体温、意識障害、運動失調、つじつまの合わない行動、全身けいれんが起こります。とても危険な状態。重症なので、すぐに救急車を呼んでください。とくに意識障害、全身けいれん、高体温、まっすぐ走れない、歩けない。このうち1つでも当てはまるようなら、命の危険があります。

 

熱中症の怖さ~その1

 

タグ :       

健康・ダイエット 健康・ダイエット 夏・熱中症

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ