インフルエンザ 恐ろしさ 高齢者 幼児 重症化 場合 インフルエンザ 身を守る

桃子のつぶやき

インフルエンザの恐ろしさ 高齢者や幼児は重症化する場合も~インフルエンザから身を守るためには~

読了までの目安時間:約 4分

インフルエンザの恐ろしさ 高齢者や幼児は重症化する場合も

 

風邪をひいて、そのウィルスのせいで重症化するという話は聞いたことがありませんが、インフルエンザの場合は重症化して急性脳症や脳炎になった、といった話を聞きますよね。乳幼児や高齢者の場合は、重症化したり肺炎を起こすことで死に至ることもある恐ろしさがあるのが、インフルエンザです。

 

インフルエンザと風邪は、のどの痛みや咳(せき)などよく似た症状がありますが、風邪とインフルエンザは、症状も流行の時期も違います。

 

インフルエンザと風邪の違い

 

インフルエンザ
◆38度以上の発熱
◆全身症状(頭痛、関節痛、筋肉痛など)
◆局所症状(のどの痛み、鼻水、くしゃみ、咳、など)
◆急激に発症

 

風邪

◆症状 発熱

◆局所症状(のどの痛み、鼻水、くしゃみ、咳、など

◆比較的ゆっくり発症

※流行の時期1月~2月がピーク

4月、5月まで散発的に続くことも年間を通じて。特に季節の変わり目や疲れているときなど

 

インフルエンザは、インフルエンザウイルスが体内に入り込むことによって起こります。インフルエンザのウイルスにはA型、B型、C型と呼ばれる3つの型があり、その年によって流行するウイルスが違います。これらのウイルスうち、A型とB型の感染力はとても強く、日本では毎年約1千万人、およそ10人に1人が感染しています。インフルエンザにかかって、中には肺炎や脳症などを併発して重症化してしまう人もいます。

 

重症化する危険が高い人

  • 高齢者
  • 幼児
  • 妊娠中の女性
  • 持病のある方
  • 喘息のある人
  • 慢性呼吸器疾患(COPD)
  • 慢性心疾患のある人
  • 糖尿病など代謝性疾患のある人 など

 

インフルエンザから身を守るためには

(1)正しい手洗い

私たちは毎日、様々なものに触れていますが、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。防ぐため以下のことを心がけましょう

  • 外出先から帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗う
  • ウイルスは石けんに弱いため、次の正しい方法で石けんを使う

 

(2)ふだんの健康管理

インフルエンザは免疫力が弱っていると、感染しやすくなります。ふだんから、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきましょう。

(3)予防接種を受ける

予防接種(ワクチン)は、インフルエンザが発症する可能性を減らし、もし発症しても重い症状になるのを防ぐ効果があります。ただし、ワクチンの効果が持続する期間は一般的に5か月程度です。また、流行するウイルスの型は毎年変わるため、毎年、接種することが望まれます

(4)適度な湿度を保つ

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50%~60%)を保つことも効果的です。

(5)人混みや繁華街への外出を控える

インフルエンザが流行してきたら、不要不急のときはなるべく、人混みや繁華街への外出を控えましょう

 

タグ :           

健康・ダイエット

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ