健康 ウォーキング 5ポイント 「歩く」  日常生活 取入れ 目覚め ウォーキング お昼休 通勤 ショッピング・ウォーキング ウォーキング

桃子のつぶやき

ウォーキングフォーム 5つのポイント「歩く」ことを日常生活の中に取り入れよう!

読了までの目安時間:約 2分

 

皆様、こんにちわ。私もパソコン中心の生活なので、朝と夕方は歩くように、しています。座っている時間が長いので、もともと腰痛持ちの私は、どうしても腰が痛くなります。。。目標は5000歩です。今日も目標に向かって、歩いてきました。

 

 

ウォーキングは手軽にできて、健康効果が高い運動です。楽しみながらウォーキングを始めてみませんか?

 

ウォーキングフォーム 5つのポイント

  1. 呼吸は大きく、深く、一定のリズムで行う。
  2. 上体はまっすぐに。背筋を伸ばし、軽く胸を張り、姿勢よく歩く。
  3. かかとから着地し、つま先で地面をけるように歩く。前から足の裏が見えるように。
  4. 肩の力は抜き、腕は肘で軽く曲げ、リズミカルに振る。
  5. 歩幅は普通よりやや大きめに。まっすぐ前方に膝を伸ばして踏み出す。

 

ウォーキングの実践ポイント!
日常生活の中に「歩く」ことを取り入れよう!

手軽にいつでもできるのが、ウォーキングのいいところ。あまり難しく考えずに、楽しみながら日常生活の中にウォーキングをとり入れましょう

時計:6時目覚めのウォーキング
早起きしてウォーキングするのはとても気持ちがいいもの。すっきりした気分で、1日をスタートすることができます。

時計:8時通勤ウォーキング
ひとつ手前の駅で降りて歩く、駅まで自転車を使わずに歩く、エスカレーターは使わないなど、工夫してみましょう。

時計:12時お昼休みウォーキング
ちょっと遠くのお店まで食事に行く、食後の空いた時間を利用して歩いてみるなど、チャンスがたくさんあるはずです。

時計:5時ショッピング・ウォーキング
買い物にいくときは可能な限り歩いて行きましょう。重い荷物を持ち歩くのもよい運動に。

 

 

タグ :         

健康・ダイエット

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ