セロトニン 適当 朝の運動 セロトニン 増やす リズム運動

桃子のつぶやき

セロトニン~適当な朝の運動、セロトニンを増やすためのリズム運動をしましょう!!

読了までの目安時間:約 3分

やっぱり朝が大切!朝の運動がセロトニンを増やす。昼夜逆転型の生活は、セロトニンを弱らせることについてはご存知だと思いますが、実際になかなか早起きはは大変なことです。残業続きで、「通勤時間ぎりぎりまで寝ていたい」と思う方が多いのも、無理のないことだと思います。すでにお伝えしている通り、私たちの体には、一定のリズムを刻む体内時計がもともと備わっています。その生体リズムに逆らわない生活を送り、セロトニンを活性化させる事が、不眠症やうつ病を防ぐ大きな第一歩になるのです。
運動はどれくらいしたら良いのか?

適当な朝の運動時間は、20分〜30分程度といったところでしょうか。「すっきりした!」「気持ちがよかった!」と感じる程度でよいと思います。時間のないときは、5分、10分でも構いません。この「すっきり感」は、運動だけに限らず、セロトニン神経が活性化していることのひとつの目安になります。普段から意識してみて下さい。朝の時間帯は、やはり一人で集中して淡々と走るほうがセロトニン活性には効果が見込まれるでしょう。大切なのは習慣化することです

セロトニンを増やすためのウォーキングのポイント

運動によってセロトニンを増やすことができます。特に効果的なのはウォーキング。セロトニンを増やすためのウォーキングにはいくつかポイントがあります。

1、規則正しいリズムで歩く心の中で「1、2、1、2」というように一定のリズムをとりながら歩きましょう。

2、疲れない程度で切り上げるセロトニンを増やすためのウォーキングは疲労感よりも爽快感が大事です。5~30分程度で切り上げるのが良いでしょう。

3、ウォーキングに集中する「今、私はウォーキングをしている!」と意識して集中するようにしましょう。

セロトニンを増やすためのリズム運動

ウォーキング以外だとリズム運動が効果的です。リズム運動とは、

◆サイクリング
◆ダンス
◆ジョギング
◆足踏み
◆咀嚼

咀嚼というのが意外かもしれませんが、リズム運動とはスポーツだけではなく、一定のリズムで筋肉の緊張と弛緩を繰り返していればリズム運動になるのです。
セロトニンを増やして不眠症を改善しようとウォーキングをはじめとするリズム運動をすることによってセロトニンが増えます。朝から日中にかけて分泌されたセロトニンは、夜になると眠りのホルモンであるメラトニンの分泌へと切り替わり、自然な眠りに入っていきます。健康面からいっても、運動はした方が良さそうですね。

 

 

タグ :      

健康・ダイエット

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ