ダイエット中 食事 良い例

桃子のつぶやき

ダイエット中の食事の良い例~本気のダイエット3

読了までの目安時間:約 3分

ダイエット中の食事の良い例は!

【その1】食べる順番に気を使う

ストレスをできるだけ減らして食べ物と上手に付き合っていく為には、食べる順番に意識を向けるのがおすすめです。食べ物には消化に時間がかかるものとかからないもの、吸収が早いものとそうでないものがあります。食べ物の特徴をつかんで食べる順番を意識していただくだけでも、太りやすさは変わってきます。

 

~太りづらくするための食べる順番~

1.副菜・汁物(野菜、きのこ、海藻などの食物繊維)

2.メイン料理(肉、魚などたんぱく類)

3.主食(ご飯、パン、麺など炭水化物)

◆野菜や海草などには食物繊維が豊富に含まれていますが、食物繊維は消化するのに時間がかかるだけでなく、水分を吸収して膨張する性質を持っていることから、先に摂ることでカロリーを控えながらも、満腹感を得ることができます。

 

◆また炭水化物はエネルギー源と言われ、素早く体内へ吸収されると同時に、血糖値も上昇しやすくなるため、間にたんぱく質を挟み、エネルギーの吸収がゆっくりなるようにしましょう。

 

【その2】食事の時間

早食いでは意味がありません。常に血糖値の上昇をゆるやかにさせることを念頭において、食事をするようにしてみましょう。食事のはじめに野菜を口に入れてから、主食となるご飯ものを食べるまでに最低でも30分は間隔を空けたほうが良いでしょう。時間にゆとりのある時は、一口ごとに30回噛むことを意識するだけでも、簡単に30分は経過すると思います。

 

【その3】水分をたくさん摂る

◆人間に必要な水分は1日に2~2.5リットルと言われていますが、これは逆を返すと1日にそれだけの水分(汗・尿・便など)を放出していることでもあります。飲料で換算すると1日に1.5リットル程の水分が必要なのですが、ダイエットをお考えの方なら2リットルは意識して飲むようにしましょう。

◆水分には身体に溜まった老廃物を排出する作用がありますが、老廃物が体内に蓄積することによって疲労の原因となったり、吹き出物が出やすくなったりするだけでなく、ダイエットの効果も薄れてしまうのです。さらに、水分によって一時的な満腹度も増しますので、普段より少し多めに水分を摂るよう意識してみましょう。

 

タグ :  

健康・ダイエット

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ