2015 ノロウイルス  新型対策 ”渋柿”を使った消毒液  ためしてガッテン NHK予防法 「GⅡ・P17」  新型ノロウイルス

桃子のつぶやき

健康のページ 2015  ノロウイルス 新型対策&予防法

読了までの目安時間:約 5分

ノロウイルス 新型対策&予防法

 

激しいおう吐と下痢を伴うノロウイルス。今年、新型が猛威をふるい、患者が急増してますが、そもそもノロの正体って?いまの時代にノロが急増するホントの理由がありました。ノロウイルス感染はこの20年でなんと100倍に急増。急増の理由、1つ目はウイルスがすごいスピードで進化していること。

 

ノロウイルスとはどんなウイルス?

①細かなホコリや水滴、食べ物にくっついて口の中に入ると、ヒトの小腸に感染して激しいおう吐や下痢を起こすウイルス

②感染力が非常に強いことが知られていて、わずか10~数十個が体に入っただけで感染します。国内では毎年数百万人が感染していると考えられています。この20年ほどでノロウイルス感染は100倍以上に急増

 

今年話題になっている新型ノロウイルスって?

①「GⅡ・P17」という新型のウイルスが今年大流行を始めています。去年3月に世界で初めて川崎市で発見され、今年になってからすでに世界各国で新型による集団感染が発生しています。

②過去にノロウイルスに対する免疫を獲得している人も感染を防ぐことが難しいため、注意を呼びかけています。

②毎年のように変異を繰り返した結果、いまは、新型も含め、どの血液型でもほぼ同じように感染すると考えられています

②カキなどの二枚貝には海水をろ過するとき、ノロウイルスを濃縮してしまう性質があり、体内にウイルスをため込むことがあります。(※85℃以上で1分間加熱するとウイルスが不活化するという研究報告があるため、少なくともこれ以上の加熱をおすすめします。)

 

感染を予防する方法

オススメする方法は次の3つ

15秒以上の手洗い…石けんを時間をかけて、十分に流水で流すことで、表面に付着したウイルスを洗い落とすことが可能。

トイレの消毒/使い方トイレは感染した人の腸から大量のウイルスがばらまかれる超危険地帯。特に家族に感染者が出たら徹底的に消毒をする。また、トイレは流す前にフタをしましょう。

③この際、最も効果が確実なのが市販の塩素系消毒剤か、無ければ塩素系漂白液を100倍ほどに薄めてキッチンペーパーなどで拭く。
※500mlのペットボトルのフタを裏返して漂白剤を入れ、ボトル1杯の水で薄めれば完成

マスクは効果絶大…ウイルスの飛まつが舞っている可能性がある、トイレの掃除や、おう吐物の処理の際には必ずマスクを。

 

”渋柿”を使った消毒液の作り方!カキタンニンによる消毒液

カキタンニンはタンパク質を凝集させる性質があり、実際に99.9%消毒できたという研究結果がでています。

 

①まだ青い未熟な渋柿(※甘柿や干し柿は駄目)をゆでて皮ごとおろし金ですりおろす(フードプロセッサーなどでもよい)

②すりおろした柿をガーゼでろ過し、果汁だけにする。

③消毒用アルコール(薬局で売っているエタノール)と、(果汁:アルコール=1:2) の割合で混ぜる→果汁を3倍に薄める。

④よく混ぜてスプレー容器に入れ、まな板や手などの消毒に使う。(※柿はおなかを壊すかもしれません。飲んだり、口に入れたりしないでください)■上記の液体を容器に入れたままだと、2か月ほどで黒っぽく変色しますが、効果は変わりません。

上記の柿渋液を消毒用アルコールで10倍に薄めて、スプレー容器に入れ、同様に使用。
ノロウイルスにかかってしまったら!
ノロにかかってしまったら、とにかく脱水に気をつけましょう!脱水症状が進むと体力が一気に低下します。脱水予防には水ではなく経口保水液などが有効です。その上で、できるだけ早く病院で診察を!
ノロウイルス感染を減らす食品って?
研究の途中ですが、乳製品に含まれる「ラクトフェリン」という物質が腸内でノロウイルスの感染を減らすという研究結果があります。ラクトフェリンは牛乳・ナチュラルチーズなどの一部に含まれています→より多く摂取するには「ラクトフェリン」が添加された乳製品がよいと思います。

 

タグ :         

健康・ダイエット

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ