咳 夜 簡単 止める方法 マスク 横向きになる ホット はちみつレモン はちみつ

桃子のつぶやき

咳はなぜ夜にひどくなる?簡単に止める方法とは!

読了までの目安時間:約 4分

こんばんわ。九州もやっと、冬らしく寒くなり始めました。還暦を迎えたばかりの私には、今日の夜は冷え込みます。でも、ストーブもこたつも使ってはいませんが。。。帰ってきたら、息子、孫たちが来ました。7歳の孫と4歳の孫は、2人とも男の子です。4歳の孫が、自分の思うようにならないと、パソコンやゲーム機器を叩いたりするので、パパに怒られましたが、後はケロッとしています。私は、近所の人が来たので、玄関で話してたら、2人で仲良く遊んでいたようです。9時30分位に帰りましたが、ほんとうに孫は可愛いですね。子供はかけがえのないものですね。

私も10年前位に、咳が3カ月止まらなくて、困ったことがありました。

 

咳はなぜ夜にひどくなる?簡単に止める方法とは!

 

なぜ夜になると咳がひどくなるのか?そして止める方法はないのか?風邪が治りかけて昼間はほとんど咳が出ないのに、

夜布団に入ると咳が出ることは良くありますね。しかし、夜に咳がひどくなるにはちゃんとした理由があるようです。

 

理由のひとつが自律神経です。

自律神経とは、交感神経と副交感神経に分かれます。

 

交感神経とは、体を興奮させる神経で、緊張を高めて興奮状態にするように働きます。具体的には、心臓の鼓動や呼吸が早くなり、血圧が上がります。交感神経とは反対の働きをするのが副交感神経です。副交感神経とは、休息やリラックスする時に働き、また身体の回復を助ける働きもするので、副交感神経が活動すると、心臓の鼓動は遅くなり、筋肉がゆるんでリラックス状態になります。問題は、夜になって体をリラックスさせて休息させ回復する為に、副交感神経が働くと気管や気道が狭くなり過敏になるので咳がひどくなると言われています。また、喉に流れ込んだ鼻水が刺激して咳がでます。鼻が詰まって口を開いて寝てしまうと、喉が乾燥して咳がひどくなります。これも原因のひとつです。

 

夜に出る咳を簡単に止める方法は!

1、口と鼻を覆うマスクをすることで、水分の蒸発を防ぎます。マスクをしたまま呼吸すると湿った息が循環するので、加湿器を使っているのと同じような効果があります。喉の乾燥を防げるだけでなく加湿にも効果があります。風邪の時は鼻が詰まって口を開けていることが多いので、ウイルスやホコリなどを遮断できて喉への刺激が減ります。

 

2、横向きになる事で副交感神経で狭くなった気管などが、広がり易くなるので、咳止めの効果が期待できます。

『咳を止めるには咳をするな』と言う言葉があるくらい、
3、咳を止める為に水分をとる事は大切です。温かい飲み物をゆっくり時間をかけて飲むと、蒸気で喉の加湿にもなり咳が止まります。はちみつが家にある人は、はちみつをお湯や紅茶に入れて飲むと良いでしょう。アメリカの研究によると、はちみつは小児用の咳止めシロップと同等以上の効果があると発表しています。

 

自宅でも簡単に美味しくできるレシピを紹介しますね。

咳がひどい時に飲むと体が温まり咳が楽になりますよ!

美味しいはちみつレモンの作り方

●レモン・・・1個
●はちみつ・・大さじ2
●お湯・・・・250ml

1、レモンを絞ります。
2、はちみつをお湯に溶かします。
3、レモンの絞り汁を好みで調整しながら混ぜます。

紅茶でも美味しくて飲みやすいです。

止まりにくい人は、体質を改善することが大切です!

 

タグ :       

健康・ダイエット

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ