坐骨神経痛 原因 坐骨神経痛 代表的 症状

桃子のつぶやき

坐骨神経痛の原因は!坐骨神経痛の代表的症状は!

読了までの目安時間:約 9分

私も腰痛の経験があり、その痛みは口に言い表せないです。腰から足先までピリピリ、ジンジンと痛くて痺れ、歩くのもままならない時もありました。

今日は坐骨神経痛を解消するには、まずは何が原因で痛みが起きているのかを知調べました。その結果、ストレッチで再発が防げる場合(梨状筋症候群・仙腸関節障害・筋肉の緊張など)もありますし、医療機関に治療を委ねなければならないケースもあります。最悪の場合は手術の必要もあります。

今回は、坐骨神経痛を起こしている原因についてと、さほど深刻ではない場合に活用できるストレッチをご紹介します。

 

 

坐骨神経痛の代表的症状

 

・おしりや脚の片側だけに一定の(強くなったり弱くなったりの波がない)痛みが起きる(まれに両足で発生することがあります)

・上記部位にジリジリした痛みやしびれを感じる

・座ったときに痛みが悪化する

・座った状態から、立ち上がる時に痛みを感じる

・お尻から足にかけての部位(または広範囲にわたっての)で脱力感やしびれがあり、脚や足を動かすことが難しいと感じる

・歩くことが難しいと感じたり、鋭い痛みを覚える

このような症状が「坐骨神経痛」とされるものです。

 

坐骨神経痛の原因は!

 

坐骨神経痛とは、何らかの疾患が原因で引き起こされている痛み(症状)です。例えば「せきが出る」は何らかの病気の一症状であり、その原因は「風邪」「アレルギー」「気管支炎」「肺炎」「肺がん」など様々です。このように坐骨神経痛の場合もその原因を知ることが、根本解決につながります。

診療の結果、原因がハッキリしない腰痛や坐骨神経痛であれば「慢性腰痛(腰痛症)」であり、体幹トレーニングで予防改善することが期待できます。

坐骨神経痛が出ている場合は、診察によって原因がはっきりしやすいものが多いです。坐骨神経痛かも、と言われたり、可能性をお考えの場合は、まず病院での診察を受けて原因を確定させて、治療を行ってください。

 

坐骨神経痛を引き起こす原因

以下のような疾患が坐骨神経痛を引き起こす代表例です。

腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんへるにあ)

椎間板の内側にある髄核が繊維輪を飛び出して、神経を刺激する疾患です。繊維輪を突き破る痛みと、神経を刺激することによる痛みの2つの痛みが発生します。20〜30代の比較的若い男性に多く、重い荷物をもったりする肉体労働者の方、同じ姿勢が続く仕事の方にも可能性があります。二ヶ月程度で痛みがひく場合がありますが、重症だと根本治療が必要になります。

椎間板ヘルニア

前屈をすると痛みが出るときは椎間板ヘルニアを疑います

腰椎すべり症

椎間板が腰を支持できずに、腰骨が前に(まれに後ろに)すべりズレを引き起こす疾患です。

神経が入っている脊柱管を圧迫し、痛みやしびれを発生させます。ぎっくり腰のような強い痛みを発生する場合もありますが、軽い違和感のみに留まり、徐々に進行していくケースがあります。これも椎間板の衰えや変形で起きるものです。40〜50代の方に多い症状です。長い距離を歩くことが困難となりますが、休憩するとラクになり、再度歩けるようになる方は、この症状の疑いがあります。

腰椎すべり症

軽い違和感のまま痛みが出ずに進行して、脊柱管狭窄症につながるケースもあります

変形性腰椎症(へんけいせいようついしょう)

腰骨に押しつぶされて椎間板の形が変わり、骨が増殖してトゲのような形(骨棘)になります。これも神経を刺激して痛みやしびれを引き起こす場合があります。50〜60代の方に多く、動きによって痛みが発生するので、動くことを避けるようになります。その結果、筋肉が衰えて骨棘がさらに肥大していくという悪循環に陥ります。

腰痛ストレッチ・7つの筋肉を活用して慢性腰痛にサヨナラ!で取り上げた体幹トレーニングを行うことで、進行を遅らせる可能性があります。重症化すると手術などの治療を行います。

変形性腰椎症

骨が変形肥大して、骨棘ができ、神経を刺激します

脊柱管狭窄症(せきちゅうかん きょうさくしょう)

上記3つのすべて(または組み合わせ)が進行して起きる疾患です。飛び出たり変形したり滑った椎間板の組織が、神経が通っている脊柱管を圧迫します。痛みが起きる場合もありますが、原因が起きている腰には痛みが起きずに、太ももの外側やヒザから下の部位にしびれを起こす場合があります。この場合、しびれが起きている箇所のみに対処しようとしても、全く解消しません。前述した3つの症状が進行して発生するので60代以上の高齢の方に多い症状です。

しびれを発生させるだけでなく、脳からの伝達が阻害されるので、動きがスムーズにいかなくなったり、最悪の場合は、体の一部にマヒが出たりします。

梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)

梨状筋は、仙骨と太ももの外側の付け根の大転子とをつなぐ筋です。この梨状筋が、姿勢の不良や疲労などによりコリ固まり、神経を刺激する状態です。お尻のやや上から、外側のくぼみ周辺にしびれを起こします。

椎間板ヘルニアとの区別が診療によってハッキリします。また、椎間板ヘルニアだと思い込んでいたら、梨状筋症候群だったというケースもあります。

年齢層は若年層から高齢層まで可能性があります。スポーツで発生することが多い症状です。

また、梨状筋の中を坐骨神経が貫いている人が数パーセントいます。このような人は梨状筋症候群に陥りやすいです。そのような方は、手術によって完治することが可能です。

仙腸関節障害(せんちょうかんせつしょうがい)

骨盤を構成する仙骨と腸骨を繋ぐ関節が仙腸関節です。運動不足や不良姿勢を続けることで正常な機能が働かなくなり、腰やお尻の痛みを発生させます。急に立ち上がったり、歩き出そうとしたりする時に痛みが出る場合もあります。これも年齢性別に関係なく発生します。
不良姿勢などが原因で、仙腸関節の機能が働かなくなり、痛みを発生させます

筋肉の緊張

お尻や太ももの筋肉のコリが痛みやしびれを発生させています。まずは腰回りやお尻の筋肉を揉んで、コリがないか確認します。それ以外にも、離れた部位のコリが痛みを発生させているケースがあります(トリガーポイント)。どこにコリがあるかをよく確認して、ほぐすことが重要です。

原因がよくわからない坐骨神経痛

病院の診察を受けながらも、整形外科の先生に「原因がよくわからない」と言われることがあります。慢性腰痛と同種の痛みであり、ストレッチや体幹トレーニングで改善する可能性があります。

筋肉の緊張

お尻や太ももの筋肉のコリが痛みやしびれを発生させています。まずは腰回りやお尻の筋肉を揉んで、コリがないか確認します。それ以外にも、離れた部位のコリが痛みを発生させているケースがあります(トリガーポイント)。どこにコリがあるかをよく確認して、ほぐすことが重要です。

脊髄腫瘍

脊髄内にできた腫瘍が、腰の神経根を圧迫して坐骨神経痛を引き起こしていることがあります。

感染症

腰の付近に病原体が入り込んで感染症を引き起こした場合に、まれに坐骨神経痛となるケースがあります。

精神的要因

近年の腰痛研究では、精神的要因によって腰痛や坐骨神経痛のような痛みを引き起こす割合が少なくないことが報告されています。

ストレスを取り去ったり、日頃の考え方や取り組み方を変えたり、程度によっては心療内科や精神科の治療を受けることで、腰痛や坐骨神経痛が解消するケースが少なくありません。

 

このほかにも、尿路結石や膵臓・子宮・卵巣の病気、骨髄腫などいろいろな可能性があるので、腰痛や坐骨神経痛に似た症状が一週間以上長引いたら医療機関を受診することを強くお勧めします。

 

坐骨神経痛の改善するには。

 

・まず病院の診察を受ける

・ストレッチで改善する原因であれば、この記事の方法などを活用する

・片座りなど日頃の姿勢を改善する

の3点が重要です。ぜひ自分のカラダを大切にしていただき、坐骨神経痛の解消に取り組んでいただきたいと思います。

 

タグ :    

健康・ダイエット

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ