花粉症 肌荒れ 敏感肌 肌荒れ 有効 対策

桃子のつぶやき

春先の花粉症による肌荒れ、その他の肌荒れにも有効な外側の対策は?外側編

読了までの目安時間:約 4分

春先の花粉症による肌荒れ、敏感肌の肌荒れにも有効な外側の対策

春先はお肌が荒れやすい時期。

この肌荒れ、季節の変わり目という要因だけでなく、花粉症との関わりもあることはご存知ですか?最近知られるようになった花粉症皮膚炎


花粉は鼻や目の症状だけでなく、肌にも影響を及ぼします。私は花粉症じゃないから関係ないわ、という方、実は知らないうちに花粉でダメージを受けていることがあります。花粉症の症状はないのに、花粉で肌荒れが起きるのです。

 

・春先に肌荒れになる、乾燥する
・アレルギー体質
・冷え性
・花粉症持ち
・アトピー

これらの体質の方は特に、肌荒れ対策に花粉も考慮に入れることをおすすめします。まずは外側の刺激をガード!外出時の化粧品対策

 

まず肌を花粉などの刺激から守って、ダメージを受けない対策

1、外出時は花粉や黄砂などから肌をガードします。そのために、肌が敏感で化粧ができない時も、ルースパウダーだけはつけましょう。

2、敏感肌用の低刺激のルースパウダーもあります。外出時はとにかく直接肌に刺激物があたらないようにすることが肝要です。直接触れてしまうと炎症になります。そこで弱った肌の膜の代わりに、低刺激のルースパウダーにカバーしてもらうというわけです。

3、基礎化粧品でベースの保護膜を作ろう。ルースパウダーの下に肌を保護する幕を作るクリームを塗っておくとさらに守りができます。

4、基礎化粧品は、肌にあてても刺激が無いこと、バリア力があること、保湿力が高いこと、は最低限満たしているものが望ましいです。

肌が弱っている時期はとにかく刺激はNGですから、敏感肌用であるのはもちろんのことですが、残念ながらすべての商品で刺激がないとは言い切れません。

5、バリア力については、その化粧品を塗った上に他のもの、例えば色素沈着の強い化粧品などを塗布しても洗い流した後に何も残らなければ、花粉ガードも期待できます。保湿やカバー力を期待する成分としてはセラミドが最有力でしょうか。肌の膜替わりをしてくれる成分が入ったものを積極的に選びましょう。そして、症状が出る前に、早めにそういった化粧品に切り替えておくことが大事です。

 

まずは外側の刺激をガード!グッズも活用

 

1、弱い目元はグッズで防御するのがおすすめです。目元は皮膚が薄く、粘膜も露出していますから、特に刺激物から守りたい箇所です。
そこでおすすめなのが、一番花粉シャットアウト度が高い、ゴーグル眼鏡です。アイメイクをしっかりしたい人に一番オススメなアイテムです。商品によってはシャットアウト率が90%というものも。

 

まずは外側の刺激をガード!とにかく刺激物はすぐに除去

  1. 外から帰ったらすぐに洗顔をして刺激物を洗い流しましょう。長時間刺激物が肌に触れた状態になるほど、炎症などのトラブルが悪化します。会社では、せめて冷やしたタオルを優しくあてるなど、炎症に傾いた肌を労わってあげましょう。ただし、決してこすりながら落とさないよう注意しましょう。
  2. 洗顔は、乾燥気味の肌から皮脂を奪いすぎないよう、水だけか、低刺激の洗顔料を使って行いましょう。肌に石鹸成分が直接触れて刺激になることを避ける成分が含まれる洗顔料もあります。泡立ちが良いことも、優しく洗うために大切な事なので、負担の少ないものを厳選してください。

 

タグ :         

健康・ダイエット

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ