健康 更年期 45~55歳くらい 関節痛 原因 対処法 40代 以降 関節痛 更年期障害 女性ホルモン エストロゲン 分泌 低下 加齢 関節痛 更年期障害 治療 ホルモン 補充療法 エストロゲン 注射 飲み薬 貼り薬 塗り薬

桃子のつぶやき

更年期の関節痛の原因と対処法

読了までの目安時間:約 5分

 

更年期の関節痛の原因と対処法

 

様々な状況下での関節痛

 

関節痛が起こる部位や症状は人それぞれですが、手先や足先がしびれたり、こわばったりするような関節痛は、更年期障害のひとつかもしれません。更年期障害とはどのような病気なのでしょうか。更年期の関節痛の原因と対処法についても解説します。

 

 

 

40代以降の関節痛は更年期障害?

 

  • 更年期とは、閉経を挟んで前後10年くらいの時期のことを指し、45~55歳くらいが中心です。この時期には、自律神経失調症状と精神症状によって、頭が重い、肩が凝る、イライラするといった、原因のはっきりしない体調不良になることがあります。このような症状をまとめて更年期障害と言い、関節痛もそのひとつです。

 

  • 更年期になると、加齢によって卵巣機能が低下し、卵巣から分泌される女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が低下することによって自律神経に影響が出ます。また、加齢やエストロゲンの減少によって、関節を支えている軟骨や筋肉が衰え、さらに血行も悪くなって関節痛が起こります。また、エストロゲン低下の間接的作用として脂質代謝異常や血管内皮機能障害が生じることで腱鞘滑膜の浮腫が起こり、手のこわばりをはじめ手指の痛みやしびれが起こる腱鞘炎や手根管症候群などを発症することがあります。

更年期による関節痛の初期症状は?

 

更年期による関節痛の初期症状は、

 

  1. 関節がポキポキ鳴る、
  2. 関節がこわばる、
  3. かかとが痛む、
  4. 手首が痛む、
  5. 手先や足先がしびれる、
  6. 足首が痛いなど、
  7. 手や足の関節に影響が多いようです。

 

  • 放置していると全身の痛みに拡がることもあるため、少しでも違和感をおぼえたら、なんらかの対策をとることが大切になります。
  • このように女性ホルモンバランスの変化による生理的現象のほかにも手のこわばりや関節痛を引き起こす疾患に関節リウマチがあります。リウマチは放置しておくと関節破壊が生じて変形を来すことになりかねませんので、一度は専門医の受診をおすすめします
  • また、手首や手指に生じた腱鞘炎や手根管症候群による痛みやしびれはとてもつらいですので、痛みやしびれによって日常生活動作が制限されるようでしたら早めに整形外科を受診してください。

 

更年期による関節痛の対処法

 

何となく体調不良が続いたり、気になる心の症状や関節痛などがあったりしたら、更年期障害を疑い、婦人科を受診しましょう。血液ホルモン検査をすることで、更年期障害かどうかがわかります。更年期障害の治療は、ホルモン補充療法が中心となります。女性ホルモンのエストロゲンを、注射や飲み薬、貼り薬、塗り薬などで補います。子宮がある女性には、女性ホルモンのプロゲステロンをあわせて補充します。ホルモン補充療法を長期間続けていると、乳がんになるリスクが少し高くなるため、1年に1回は、子宮がん、乳がん検診を受けましょう。

更年期障害のほかの治療は?

 

更年期障害の治療はほかにも、

  1. 漢方治療、
  2. 自律神経調節薬、
  3. アロマやサプリメント、
  4. カウンセリングなどさまざまです。

更年期障害の症状を考え、複数の治療を組み合わせることもあります。医師とよく相談して決めましょう。2~3か月、ホルモン補充療法を行っただけで、症状の大部分が改善することもあります。更年期の関節痛は、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減ったために起こります。関節痛がつらい場合は、我慢をしないで婦人科を受診し、体の状態にあわせた治療を行いましょう。

 

タグ :         

健康・ダイエット

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ