神経の痛み 神経障害性疼痛 坐骨神経痛 頸椎症 帯状疱疹後神経痛 糖尿病神経障害 神経障害性疼痛 原因 ウイルスの感染 神経が切断 がんの腫瘍            神経が圧迫 神経が障害 ウイルスの感染 

桃子のつぶやき

神経の痛み~神経障害性疼痛(しんけいしょうがいせいとうつう)とは?

読了までの目安時間:約 3分

神経の痛み

 

神経の痛み、神経障害性疼痛(しんけいしょうがいせいとうつう)

さまざまな原因によって、神経が異常な興奮をすることで起こる痛みです。
代表的なものには、坐骨神経痛や頸椎症、帯状疱疹後神経痛、糖尿病神経障害による痛み・しびれなどがあります。

 

 

高校卒業から還暦前まで、私は働きづくめでした。一人で子供を育てたので、遊ぶ時間などは、ありませんでした。仕事していない現在は、太ってきたので免疫力・美肌・ダイエット、また、腰から足までの痛みなどに気をつけるようになりました。

 

 

神経障害性疼痛とは

 

「痛み」には、その原因がはっきりわかるものと、わかりづらいものがあります。傷は治ったのに痛みだけが残る、病気をきっかけに痛みが長く続いているなどの場合は、何らかの原因で神経が障害されて痛みが生じていることがあります。このような痛みを「神経障害性疼痛」といいます。神経障害性疼痛は、市販の鎮痛薬ではほとんど効果が得られない痛みです。
神経障害性疼痛にはいくつかの特徴的な症状を訴えることがわかっています。そのため、医療機関を受診する際は、あなたの痛みの症状を医師に伝えることが大変重要です。

 

神経障害性疼痛の症状

 

「神経障害性疼痛」の症状は?
痛みが長期間続いている
しびれ感を伴う痛みを感じる
発作のように強い痛みが、短い間隔で襲ってくる
普段は何でもない程度の刺激に対して、強い痛みを感じる
少しの痛みが、とてもひどい痛みに感じる
針で刺したような鋭い痛みを感じる
電気が走るような痛みを感じる
感覚が鈍くなる、なくなる

 

神経障害性疼痛の原因

 

「神経障害性疼痛」の原因
帯状疱疹ヘルペスやHIVなどのウイルスの感染によって、神経が障害された
糖尿病などの代謝障害によって、神経が障害された
脊柱管狭窄やヘルニアによって神経が圧迫/障害された
抗がん剤の副作用によって、神経が障害された
事故やケガなどで神経が切断/障害された
がんの腫瘍によって神経が圧迫された
がんの腫瘍が神経に広がった     など

 

タグ :               

健康・ダイエット

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ