サプリメント オルニチン 肝機能低下 予防 肝臓 役割 食べ物の代謝 アルコール  薬、老廃物の解毒 胆汁の生成と分泌

桃子のつぶやき

肝機能低下を予防するためには?オルニチンなどのサプリメントを!

読了までの目安時間:約 5分

 

肝機能低下を予防するためには?オルニチンなどのサプリメントを!

 

沈黙の臓器ともいわれる肝臓は機能が低下しても自覚症状が現れにくく、病気を見過ごしがちです。しかし肝臓には強力な再生機能があるため、生活習慣を見直すだけでも症状は回復に向かいやすいのです。

 

 

肝機能低下の諸症状

 

肝臓の機能が低下したからといって自覚症状が現れることはほとんどなく、健康診断の結果で異常が見つかれば良い方です。

 

肝機能低下が進み始めているサイン

1、全身の倦怠感、食欲不振、黄疸(白目や皮膚が黄色くなる)

2、二日酔いが長引くなどの症状が現れたら

早めに病院に行き肝機能を回復させる生活に切り替えることが大切です。気づかぬままに症状が悪化すると、肝脂肪、肝硬変、肝細胞がんなど重篤な症状に進行することもあります。日頃の予防と早期発見、早期治療が非常に重要です。

 

肝機能低下を予防するために

●肝臓は体内で「食べ物の代謝」「アルコールや薬、老廃物の解毒」「胆汁の生成と分泌」の役割を担っています。沈黙の臓器といわれ、胃や腸と違い痛みを感じることがほとんどない臓器ですが、体のなかでの働きや役割は大きく、私たちの体内で黙々と解毒や代謝を行っているのです。

 

●肝臓に脂肪が溜まったり、負担をかけ過ぎたりすることで肝機能が低下します。日頃からアルコールや脂肪分の多い食事は適量にとどめることが肝機能低下を防ぐ対策となります。むやみに薬を摂取することも、薬の分解や解毒が必要となり肝臓の負担となるため注意が必要です。

 

 

オルニチンとは?

 

オルニチンはアミノ酸の一種で私たちの体内にもともと備わっている成分です。しかし他のアミノ酸のようにたんぱく質を構成する成分ではありません。オルニチンは肝臓に多く存在し、体内で代謝が行われた後に生じるアンモニアの解毒を助ける働きをしています。また成長ホルモンの分泌にも関与しています。

 

オルニチンを多く含む食品

 

しじみにはオルニチンが多く含まれますが、他にもヒラメ、キハダマグロの魚類に含まれます。しかししじみの含有量が突出していて、しじみ以外の食品にはほんの微かしか含まれません。基本的に食材からの摂取が難しく、オルニチン摂取のためにサプリメントや健康食品に期待が寄せられるのです

 

オルニチンの効果・効能

 

オルニチンは肝機能を強化するため、エネルギー生産を高め疲労回復を早めるなど、さまざまな効果が期待されます。近年は美肌効果に注目が集まる他、成長ホルモンの分泌を促進させるため、ダイエットやアンチエイジング、筋力アップなどを心がける人にとっても注目の成分です。

 

オルニチンと肝臓

 

肝臓は体内の解毒や代謝の役割を担う重要な臓器です。肝臓の機能が低下すれば、私たちの体は疲労やストレスが蓄積し、体中に悪影響が広がります。オルニチンは肝臓の解毒作用をサポートする働きがあるため、肝疾患の予防には特に期待が寄せられます。

 

オルニチンの摂取量

 

●オルニチンの摂取目安量は1日に400mg〜1g程度といわれます。食品のなかでオルニチンが一番多く含まれるしじみでも、35個程度の中に10.7~15.3mgのオルニチンしか含まれていません。また近年ブロッコリーの新芽に含まれるスルフォラファンに肝臓の解毒をサポートする働きが認められ注目されています。

 

●オルニチンやタウリンは体内で生成されていますが微量であるため、魚介類を食べて食事から補う必要があります。サプリメントも考慮し、積極的に補うことが望ましいでしょう。

 

●肝臓といえばウコンもよく知られていますが、すでに肝臓に異常のある人はウコンの大量摂取は避けるべきというのが最新の情報です。

 

タグ :     

健康・ダイエット

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ