脱水症状 身体の体液(水分と塩分)が失われて 血流量が減り 血圧の低下 必要な栄養素 体内に行き渡らなくない 老廃物を対外に排出できない 体調不調 脱水症対策 脱水症→熱中症→熱射病 倦怠感、だるい、やる気がしない、顔や足のむくみ、眠れない

桃子のつぶやき

脱水症状 倦怠感、だるい、やる気がしない、顔や足のむくみ、眠れない等 脱水症&熱中症対策をしよう!

読了までの目安時間:約 3分

梅雨が明けて、暑い夏がやってきました。来週からは8月です。

日本では2017年の7月上旬は、雨の被害が九州初め日本各地ででていましたね。お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。

私の住む南九州でも、雨が降り続いていましたが、7月中旬からは蒸し暑くなり、30度を超えています

 

急に暑さがきたので、私もなんとなく身体がだるくて、食欲もいつもよりはないし、暑さで寝苦しいので眠りにスーッツは入れません。

倦怠感、だるい、やる気がしない、顔や足のむくむ、などなど、暑さだけならここまできつくないのでしょうか?湿度もかなり高いですね。こんなときは脱水症状が現われます。

脱水症状とは、

 

  • 身体の体液(水分と塩分)が失われて、血流量が減り血圧の低下が見られて。
  • 必要な栄養素が体内に行き渡らなくなり、老廃物を対外に排出する力がなくなり ます。
  • そして体調不調を起こします。特に高齢者や赤ちゃんは体力がないので、気をつけましょう。

 

脱水症対策

 

私は自分の知識で得ている脱水症対策は、自分なりにしています。水を取ることだったと思います。

 

  • 水よりはスポーツドリンクなどがいいそうです。理由は水分、糖分、電解質などがスポーツドリンクには含まれています。でも糖質がおおいので、あまり取りすぎてはいけませんね。
  • 経口保水液もいいですが、多少値段がはります。
  • あと脱水症対策にはミネラル(塩)の補給をおススメします。また、お茶の中に梅干を入れるとか、1日1個の梅干を食べるとか、各人ごとに脱水症対策をしましょう。

 

脱水症対策、予防をしていないと、ある日突然、熱中症になり、バタンと倒れて救急車で運ばれること もありますので、

これから夏(7月~9月位まで)に入り、まだまだ暑くなります。

 

脱水症→熱中症→熱射病になるそうです。

暑いからって自分の好きなものばかり食べていないで(例えばソーメン、ところてん、アイスクリーム、かき氷などのあっさりした食べ物など)自己管理をしながら、まずは脱水症にならないように気をつけましょう。

 

タグ :           

健康・ダイエット

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ