腰痛 血管の異変から 腹部大動脈瘤(りゅう) 大動脈解離 突然死 つながるケース

桃子のつぶやき

腰痛~血管の異変から「突然死」につながるケース

読了までの目安時間:約 3分

腰痛~血管の異変から「突然死」につながるケース

 

全国1000万人以上が悩まされているという腰痛はまさに国民的大問題。

実は、ひとくちに腰痛といってもその原因は30種類以上!しかも中には、血管の異変から「突然死」につながるケースもあったんです。知られざる危険な腰痛を見分ける方法や、つらい痛みを和らげる運動などの腰痛対処法をご紹介します!

 

 

1、死に至る「とんでもない腰痛」とは?

ただの腰痛だと思っていたら命を落としてしまうこともあるという、名付けて「とんでもない腰痛」。これは「大動脈の異変」によるもので、2つのタイプがあります

ただのギックリ腰(あるいは慢性腰痛)だと思っていたら命を落としてしまうケースが実際に存在します。名付けて「とんでもない腰痛」。「とんでもない腰痛」の原因は、全く違うところにあります。それは「大動脈」です。しかも、この大動脈が原因の「とんでもない腰痛」には2つのタイプがあります。

 

①. ギックリ腰のような痛み=「大動脈解離」
血管の内側の膜が裂けて剥がれていく病気で、突然の「引き裂かれるような痛み」が特徴です。ギックリ腰などと混同して病院への受診が遅れると、命を落とすケースもあります。痛みは必ずしも腰痛だけでなく、背中や胸部に起きることも多い。

 

②.慢性腰痛のような痛み=「腹部大動脈瘤(りゅう)」
動脈硬化などで弱った大動脈にコブが出来て、徐々に大きく膨らんでいく病気です。コブが小さいうちは痛みは全くありませんが、「破裂寸前」や「炎症を伴う」状態になると、腰部に痛みが現れることがあります。

これらの危険な腰痛を見分ける重要なポイントが「安静時痛」です。すなわち「横になった状態で痛むかどうか?」。もしそれでも「痛みが持続する」あるいは「時間とともに痛みが強くなる」などの症状がある場合は、我慢しすぎず病院を受診することが大切です。

 

.
2、とんでもない腰痛の見分け方は? .

大動脈解離や腹部大動脈瘤(りゅう)などの危険な痛みを見分けるポイントが横になって寝ている状態で痛むかどうか?」

安静にしても「痛みが持続する」、あるいは「時間とともに痛みが強くなる」などの症状がある場合は我慢しすぎず病院を受診することが大切です。

 

「とんでもない腰痛」以外にも、放置しておけない危険な腰痛があります

•すい炎

•がん

•尿路結石

•椎体骨折

などです。これらも、安静にしていても痛みが出ることが多いので、気になる場合は病院へ。

 

タグ :           

健康・ダイエット

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ