花粉を寄せ付けない対策 マスクの効果 目がかゆくなる前に一工夫 うがいの習慣 上手な洋服選び

桃子のつぶやき

花粉症対策していますか?花粉を寄せ付けない対策をご紹介します!

読了までの目安時間:約 4分

花粉症対策ご紹介

 

こんばんわ。春は大抵の方は大好きなんでしょうが、私は花粉症があるので、あまり好きではありません!止まらない鼻水、クシャミ、鼻づまり。目の痒み。花粉症に、なった方でないと、この辛さはわかりません!今回は2019年の春の花粉飛散予測と花粉症対策についてお伝えしますね。

 

2019年春の花粉飛散予測!

  • 2019年春の花粉飛散予測は、広い範囲で例年を上回る見込みだそうです。特に東海地方は例年よりも多い予測のため、注意が必要でしょう。北海道地方は例年よりも少ない見込みでしょう。
  • 前シーズン比で見ると、一部の地方では、多かった前シーズンに比べて少なくなる所もありますが、例年よりは多い地方が多いため気は抜けません。また秋田が前シーズンの飛散量が少なかったため、前シーズンよりも非常に多い予測ですだそうです。
  • 今シーズンの予測に向けて花芽調査を行ったところ、ヒノキの花芽の生育が前シーズンほどではないことがわかりました。このため、今年のヒノキ花粉飛散量は前シーズンより少ないと予測されます。

 

花粉を寄せ付けない対策

花粉症用マスクの効果!

①花粉症対策としてマスクを使用することで、吸いこむ花粉の量を約1/3~1/6に減らすことができるといわれてちます。

②特に鼻の症状が気になる方に効果的です。大事なことは顔にフィットするものを選ぶことです。マスクは息がしやすいもの、衛生面からは使い捨てのものがおすすめです。

上手な洋服選びが、花粉を寄せ付けない!

①花粉症対策の第一歩は、まず花粉を寄せ付けない服装選びです。外出するときの洋服によって、家に持ち込んでしまう花粉の量に違いが出る事をご存じでしゃうか?

②一般にウールなどの素材は花粉が付着しやすく、綿や化学繊維などは付着しにくいと言われています。春先用の洋服選びに、覚えておくと便利ですね。

目がかゆくなる前に一工夫!

①花粉を寄せ付けない工夫にメガネがあります。ある実験では、メガネを使用しない場合に比べて、通常のメガネでも目に入る花粉量はおよそ40%減少し、防御カバーのついた花粉症用のメガネではおよそ65%も減少しました。

②花粉症の症状があるときのコンタクトレンズには要注意です。コンタクトレンズによる刺激がアレルギー性結膜炎を悪くしてしまう事もあるんです。花粉のシーズンは是非メガネを使用しましょう!

うがいを習慣づけて!

①外出から帰ってまず行う花粉対策はおすすめはうがいです。花粉時期になるとのどがイガイガする、こんな経験はありませんか?鼻から吸い込んで奥に付着した花粉は、粘膜の働きでのどの方へと送られます。かぜのシーズンだけでなく、家に帰ったらガラガラうがいの習慣を続けて、のどの花粉を洗い流しましょう。

 

 

タグ :    

健康・ダイエット

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ